レポーター情報

夜の果ての旅

全投稿件数 7
全参考になった数 5
「参考になった」指数
ニックネーム 夜の果ての旅
性別 <非公開>
年代 <非公開>
昨年の大会出場数 <非公開>
自己ベスト フルマラソン 3時間17分16秒
ランニング趣向性 <非公開>
自己PR <非公開>

※「参考になった」指数は、直近3年間の各レポーターの平均「参考になった」数(「参考になった」獲得総数/投稿件数)を全体の中で指数化し、5つ星で表したものです。

大会レポート

2021年9月26日

BMW BERLIN-MARATHON 2021(海外)

バーチャルで春夏走り込んでコロナ禍でのベルリンマラソンに挑む

出場種目: フルマラソン 

2020年に出走予定だった大会が5つも流れる中、フットポッドを使ってバーチャル世界を走るZwiftアプリを使ったバーチャルランに取り組んでいたところ、世界各地から選ばれた6人のランナーがオリンピック選手も指導するコーチや提携するスポンサーの支援付きでトレーニングしてベルリンマラソン2021に参加するという企画があり、幸運にもその1人に選ばれました。
3月末からコーチのメニューに従って練習を重ね、7,8月には暑さを避けてトレッドミルで500キロを走りました。またそれと平行して、各国の複雑なコロナ検疫や大会参加に必要なワクチン接種のWeb予約・接種、PCR検査の手配・各国の保険省庁対応のWeb登録・必要書類提出等、参加のための準備を進めました。
そしてようやく辿り着いた暑さの残る初秋のベルリン、同じ企画で選ばれたチームメイトを含む数万人のランナーと共に、勝利の塔に向かって出走しました。沿道には途切れることなく人が溢れ、ランナーゼッケンの名前を読んでは声援を送ってくれる人も多く、歴史と未来を感じさせる街並みを夢のように駆け抜けて、ブランデンブルク門をくぐってゴールすることができました。

このレポートは参考になった

1

不適切なレポートとして報告する

■総合評価

質問
  • 大会の満足度 A
  • 運営の満足度 A

100.0

■大会特色ポイント

大会らしさ、大会の特色
  • 会場の盛り上がり A
  • 参加賞のオリジナリティ A
  • エコ、環境保護 B
  • 大会独自の取り組み B
    ゼッケンに無条件に名前が入っていて、沿道からも名前を呼んでくれる人がたくさんいるし、ボランティアの方も、サポートの際に、ランナーを名前で呼ぶことで、自然な人と人とのふれあいを感じることのできる大会となっている。
大会特色ポイント
4.2 pt

夜の果ての旅 さん 2021年10月26日 23時50分

このレポートは参考になった

1

夜の果ての旅 さんのその他のレポート

大会ランキング(種目・フルマラソン)

順位 評価平均点 大会名
1 94.9点 オホーツク網走マラソン2022 (北海道)
2 94.5点 第5回日本最北端わっかない平和マラソン2022 (北海道)
3 91.8点 第39回カーター記念黒部名水マラソン (富山県) 参加者7千人以上
3 91.8点 第24回長野マラソン (長野県) 参加者7千人以上
5 85.6点 2022函館マラソン (北海道) 参加者7千人以上