レポーター情報

マナーと大会運営向上提言

全投稿件数 66
全参考になった数 802
「参考になった」指数
ニックネーム マナーと大会運営向上提言
性別 <非公開>
年代 <非公開>
昨年の大会出場数 <非公開>
自己ベスト <非公開>
ランニング趣向性 <非公開>
自己PR <非公開>

※「参考になった」指数は、直近3年間の各レポーターの平均「参考になった」数(「参考になった」獲得総数/投稿件数)を全体の中で指数化し、5つ星で表したものです。

大会レポート

2021年2月28日

第15回湘南国際マラソン(神奈川県)

ネットがグロスに優先?コロナ禍で企画倒れの陸連非公認国際大会

出場種目: フルマラソン 

コロナ禍で募集非実施のはが路ですらRunnetは投稿受付なので本件投稿。日本陸連非公認だが自らは国際大会を名乗りマイボトル持参で開催計画。変種大会はフードマラソン共々大いに結構だが、本番レースでマイボトル走はしたくない。コロナ禍前と同水準運営は困難だろうし承知しているが、PB更新狙いで存分に走れる大会の一日も早い再開を切望。またウエーブスタートや、グロスタイムではなくネットタイムが公式記録の大会はご免だ。2018年から本大会はネットが公式記録だが、同年大会で第1着選手(グロス2時間23分53秒/ネット2時間23分52秒)が優勝出来ず、6秒後の第2着選手(グロス2時間23分59秒/ネット2時間23分51秒)が優勝の悲劇発生。要項にはネットがグロスに優先と明記、勿論ルール上問題ないが、競技者が順位を競う大会としては興ざめ。今回は募集時点ではフルマラソン開催とぶち上げ乍ら、コロナ禍が好転せず、爾後25km大会に格下げ。仮に12/10開催可否判断日後に中止決定なら一切返金なしだった。開催可否判断日に中止決定なので結果論としてはよかったが、怖いね。今後は主催者の力量・属性・スタンスにも要注意だ。

このレポートは参考になった

0

不適切なレポートとして報告する

■総合評価

質問
  • 大会の満足度 C
  • 運営の満足度 C

30.0

■大会特色ポイント

大会らしさ、大会の特色
  • 会場の盛り上がり C
  • 参加賞のオリジナリティ C
  • エコ、環境保護 B
  • 大会独自の取り組み C
大会特色ポイント
2.7 pt

次回大会参加者へのアドバイス

運営管理者は横浜マラソンにも深く関与。日本陸連非公認コース・非公認大会なので好記録でも、別大出場資格や大阪等の所謂市民アスリート枠応募資格を得られない。所詮は民間企業主催のマラソンもどき、どうしても出たいのならお祭り水準に納得後、応募したい。経費配分非公表で詳細不明だが、割高参加料で出場メリットを感じない。税金非投入を自慢されてもね。例えば2014年参加賞Tシャツは劣悪で文字と文字が粘着し剥がすと文字が切れてしまったり(指摘し追加配送物品質も同水準)、募集時点では陸連公認コース取得予定で受け付けておき乍ら道路工事のコース変更申請をせずに公認コース取得に至らない(しかもその後も申請しない)、不審車発見で10km・ハーフマラソン大混乱等、負の歴史には枚挙に暇がない。それも全部飲み込んで、とにかく走れれば結構と応募する覚悟が必要。ついでに言うと何故「国際」なんだろう?国際基準を誇る運営、外国人出場者割合が高く、出場枠が大きいとも思えない。イメージアップ戦略だろうが単なる語呂合せで逆効果、先ずは会場導線の悪さ・トイレの少なさを含め最低限の市民大会国内基準を満たしてね。

マナーと大会運営向上提言 さん 2021年2月28日 8時10分

このレポートは参考になった

0

マナーと大会運営向上提言 さんのその他のレポート