レポーター情報

kak

全投稿件数 61
全参考になった数 5654
「参考になった」指数
ニックネーム kak
性別 <非公開>
年代 <非公開>
昨年の大会出場数 <非公開>
自己ベスト <非公開>
ランニング趣向性 <非公開>
自己PR <非公開>

※「参考になった」指数は、直近3年間の各レポーターの平均「参考になった」数(「参考になった」獲得総数/投稿件数)を全体の中で指数化し、5つ星で表したものです。

大会レポート

2019年10月6日

阿賀ウルトラマラソン2019(新潟県)

スタッフ数>参加者数?(笑)

出場種目: ウルトラマラソン 

第一回、募集人数50人、ウルトラとは思えない参加費、エントリー即決でした。当日はときどきパラパラとシャワー程度の雨が落ちてくる程度で、気温も上がらず良いコンディションでした。阿賀野川両岸の集落と400m級ピークを3回上り下りする68kmの、なかなか走り応えのあるコース。最後のピークを登り切ったと思いきや、赤崎山展望台までの往復はキツかった。しかし折り返し地点は展望台のあずまやの中(笑)、ここから見おろす鹿瀬ダムは絶景でした。コースはほとんど山の中ですが、集落では地元の方々が応援してくださり、私設エイドもありがたかったです。なんといっても、たぶん参加者より多人数のスタッフの熱量がすごかった。すべてのエイド、分岐点での誘導でエールと的確な情報(どこまであと何キロ等)をいただき、背中を押してもらいました。なんとか時間内にゴールでき、苦しかったけど気持ちのいい一日を過ごすことができました。個人的には、多少参加費が上がっても、炭水化物系の給食が増えるといいなと思いました。阿賀のみなさん、ほんとうにありがとうございました。

このレポートは参考になった

1

不適切なレポートとして報告する

■総合評価

全体の感想
  • 次回大会の参加 A
  • 参加料に見合った大会 A
  • スタッフ、ボランティア A
会場
  • 会場へのアクセス A
  • スムーズな誘導、受付 A
  • トイレ、荷物預かり、更衣室 A
スタート、コース、フィニッシュ
  • 楽しめるコース設定 A
  • 参加人数に見合ったコース A
  • コースの安全管理 A
  • 距離表示、コース誘導 A
  • コース上の給水 B
記録、表彰
  • ネットタイム計測 B
  • 記録計測、記録配信サービスの充実 B
  • 充実した年代別表彰 B
インフォメーション
  • 分かりやすい大会情報、参加案内 B
  • 大会HPの更新 A

82.5

■大会特色ポイント

大会らしさ、大会の特色
  • 地元への浸透 A
  • 会場の盛り上がり B
  • 特色あるエイドステーション A
  • 参加賞のオリジナリティ A
  • エコ、環境保護 A
  • 大会独自の取り組み、地元色 A
    やらされ感のあるスタッフがひとりもいない。各エイドでも全員で声をかけてくれ、応援してくれた。
大会特色ポイント
4.8 pt

■大会のおすすめポイント

次回大会参加者へのアドバイス

ほぼ、舗装してあるトレランという感じで、クマ鈴必携です。(クマはいませんでしたが、コース横にサルの親子がいました。)
エイド間があいているので、完走狙いの人は水分を携行するとよいでしょう。42km地点大牧エイドにドロップバッグをデポすることができます。
傾斜のきつい坂が多いので、峠走などの坂道練習が有効だと思います。
60km鹿瀬ダム付近からゴールまで、阿賀野川沿いのほぼ平坦な道がダラダラ続きますので、気持ちを切らさないことが大事です。

kak さん(6739450) 2019年10月9日 11時5分

このレポートは参考になった

1

kak さんのその他のレポート

大会ランキング(種目・フルマラソン)

順位 評価平均点 大会名
1 94.5点 第11回 徳島・海陽 究極の清流 海部川風流マラソン (徳島県)
2 92.9点 第32回大田原マラソン (栃木県)
3 92.8点 第36回カーター記念黒部名水マラソン (富山県) 参加者7千人以上
4 92.6点 オホーツク網走マラソン2019 (北海道)
5 91.3点 第68回 別府大分毎日マラソン (大分県)