レポーター情報

モリシン

全投稿件数 26
全参考になった数 36
「参考になった」指数
ニックネーム モリシン
性別 <非公開>
年代 <非公開>
昨年の大会出場数 <非公開>
自己ベスト <非公開>
ランニング趣向性 <非公開>
自己PR <非公開>

※「参考になった」指数は、直近3年間の各レポーターの平均「参考になった」数(「参考になった」獲得総数/投稿件数)を全体の中で指数化し、5つ星で表したものです。

大会レポート

2018年10月28日

横浜マラソン2018(神奈川県)

ランナーのモラルは?

出場種目: フルマラソン 

今年は天候にも恵まれ、2年分の思いを込めて横浜の街を楽しみました。
ボランティアをはじめ運営に携わっていただいた皆さん、また、沿道の声援のおかげで完走出来ました。ありがとうございました。ボランティアやパフォーマンスの皆さんからの励ましは他の大会と比べてもトップレベルだと思います。
残念なのはランナーのモラル。何故ゴミ箱にコップを捨てない?ゴミ袋を持った係員の方もたくさんいたのに平気で路上に捨てていく神経が理解出来ません。これは他の大会と比べてワーストレベル。
15000円払っているから至れり尽くせりが当たり前?違うと思いますよ。走路を貸して頂いて走らせて頂いていることに感謝しなくては。
確かに他の大会より関門の設定はきつい。しかし、大会要項の参加資格にありますよね「完走6時間以内の方」と。スタート30分のタイムロスは織り込み済み。あとはランナーの努力次第。自分も必死に関門クリアしていきました。
前向きな意見と文句は違います。余りにも批判的な書込みが多く残念です。給水も多く、自分は十分楽しめる大会だと思いますよ。
いずれにせよ、ランナーのモラルが問われる大会でした。

このレポートは参考になった

8

不適切なレポートとして報告する

■総合評価

全体の感想
  • 次回大会の参加 B
  • 参加料に見合った大会 B
  • スタッフ、ボランティア A
会場
  • 会場へのアクセス A
  • スムーズな誘導、受付 B
  • トイレ、荷物預かり、更衣室 A
スタート、コース、フィニッシュ
  • 楽しめるコース設定 A
  • 参加人数に見合ったコース B
  • コースの安全管理 A
  • 距離表示、コース誘導 A
  • コース上の給水 A
記録、表彰
  • ネットタイム計測 A
  • 記録計測、記録配信サービスの充実 A
  • 充実した年代別表彰 A
インフォメーション
  • 分かりやすい大会情報、参加案内 B
  • 大会HPの更新 A

84.0

■大会特色ポイント

大会らしさ、大会の特色
  • 地元への浸透 A
  • 会場の盛り上がり B
  • 特色あるエイドステーション A
  • 参加賞のオリジナリティ A
  • エコ、環境保護 B
  • 大会独自の取り組み、地元色 A
    横浜らしさを楽しめました。
大会特色ポイント
4.6 pt

次回大会参加者へのアドバイス

会場入りは余裕を持って早めに、また、エネルギー切れにならないよう、自分でジェル等しっかり用意したほうがいいです。

モリシン さん 2018年10月31日 15時29分

このレポートは参考になった

8

モリシン さんのその他のレポート

大会ランキング(種目・フルマラソン)

順位 評価平均点 大会名
1 94.9点 オホーツク網走マラソン2022 (北海道)
2 94.5点 第5回日本最北端わっかない平和マラソン2022 (北海道)
3 91.8点 第39回カーター記念黒部名水マラソン (富山県) 参加者7千人以上
3 91.8点 第24回長野マラソン (長野県) 参加者7千人以上
5 85.6点 2022函館マラソン (北海道) 参加者7千人以上