レポーター情報

マナーと大会運営向上提言

全投稿件数 104
全参考になった数 545
「参考になった」指数
ニックネーム マナーと大会運営向上提言
性別 <非公開>
年代 <非公開>
昨年の大会出場数 <非公開>
自己ベスト <非公開>
ランニング趣向性 <非公開>
自己PR <非公開>

※「参考になった」指数は、直近3年間の各レポーターの平均「参考になった」数(「参考になった」獲得総数/投稿件数)を全体の中で指数化し、5つ星で表したものです。

大会レポート

2024年2月4日

第72回 別府大分毎日マラソン大会(大分県)

支持を得るのは困難と承知。でも出場権は速い者順に付与してね!

出場種目: フルマラソン 

「本大会への出場権は定員まで持ちタイム順に付与してね」と今年も言います。
【主催者の県や両市の立場】男性より女性がの方が友人や家族を引き連れる確率が高い以上、速い者順出場権与では相対的に女性出場者が減り地域振興上得策ではないのでカテ4は抽選採用。3時間30分に出場資格拡大前は2時間50分大会であり、カテ4はオマケ、収益増強金づるでしかない。【サブ3走者】3時間超走者には無関心。だって自分は天下のサブ3走者だもんね。有象無象の出場資格は大会結果に影響はなくどうだっていい、つべこべ言うなら申し込まなければよい、悔しかったらサブ3を達成してから言ってみなってこと。【持ちタイム3時間15分以上の走者】速い者順出場権付与では出場可能性が低くなってしまう。抽選で外れるのは仕方ないが、速い者順になって落選したらみっともない。周囲に別大出場資格獲得と触れ回ったしね。「持ちタイムだって獲得した大会の条件は異なるのだから」と尤もらしい理由を付けて速い者順には反対だろう。
なお距離計測評価欄で非公認・全日本マラソンランキング対象大会の湘南国際等に4点加算は意味不明。ランネットは袖の下でも貰っているのか。

このレポートは参考になった

0

不適切なレポートとして報告する

■総合評価

全体の感想
  • 次回大会の参加 A
  • 参加料に見合った大会 D
会場・スタッフ
  • スタッフ、ボランティア A
  • 会場へのアクセス A
  • スムーズな誘導、受付 C
  • トイレ、荷物預かり、更衣室 B
スタート、コース、フィニッシュ
  • 楽しめるコース設定 A
  • 参加人数に見合ったコース A
  • ランナーの安全管理 A
  • 距離表示、コース誘導 A
  • コース上の給水 A
記録、表彰
  • ネットタイム計測 A
  • 記録計測、記録配信サービスの充実 A
  • 充実した表彰区分 A
インフォメーション
  • 分かりやすい大会情報、参加案内 B
  • 大会HPの更新 B

72.5

■大会特色ポイント

大会らしさ、大会の特色
  • 地元への浸透 A
  • 会場の盛り上がり B
  • 特色あるエイドステーション B
  • 参加賞のオリジナリティ A
  • エコ、環境保護 A
  • 大会独自の取り組み、地元色 D
    元々は域振興策やおもてなし重視ファンラン大会ではない。五輪や世界選手権出場選手を選考。ただ、近年は出場資格を3時間30分以内に拡大。新人の登竜門として歴史と伝統を誇る有名大会を実質的に2部制(私を含め雑魚は後方にくっつけ同時スタート)にして増収増益を図る。「出場選手はみな平等」などと主張するつもりはさらさらないが、本大会ではサブ3走者数増加によって旧カテ2水準も区別し、現カテ3更衣用テント場所も区別、建物使用不可。それでも出場したければどうぞ、出場させてあげるよ、というスタンス。コロナ前出場料は1万円。コロナ発生後の2022年から他大会と同様に5千円の値上げで出場料は1.5万円に。定員割れリスクはないのに、コロナが第5類になって以降も定員割れ赤字補填を想定した吹っ掛け高額出場料を維持。酷いね。受付時とレース後のバナナ、レース後のとり天とふぐ雑炊は出場料維持の一方で廃止。物価高と言ったって1人当たり5千円も値上げの理由にはならない。5千円値上げ維持の理由を主催者は公表することはないだろうが、改めて要求したいね。狂信的な別大偏愛者は現状に不満なら申し込まなければよいと言って来そうだけれど。
大会特色ポイント
3.8 pt

■大会のおすすめポイント

次回大会参加者へのアドバイス

私の実力では福岡国際には到底挑戦不可、最も出場したい大会であることに相違はない。最高評価部類は認めるが、だからといって「最高です!」とかこれ以上点を付けようがない百点満点の筈がない。巨人軍新監督が過去お立ち台連呼の「最高です!」と同じで魂胆あり主観的な意見開示であり、客観的根拠はないので騙されてはいけない。便乗値上げも甚だしく、一般的な市民走者に手が届く最高峰大会に胡坐をかき、提供サービスを削って出場料は暴利を貪る値上げを維持のまま。何を表彰か意味不明な完走者メダルを全員配布しない点は評価。ただ、オマケのカテ4での審判員スタート位置審査は甘く、持ちタイムの遅い走者が前方にいるみっともない姿を目にするし、オールスポーツのスタート直後写真でも証拠写真が複数あるが、残念ながら不届き者に付ける薬はないと達観するしかない。大勢に影響なしは事実だが、別大出場者として最低限の品格を備えて欲しい。サブ3.5ギリギリで余裕なし走者の一部は大会ルールを守らず、指定位置スタート順遵守放送も聞かず、事前指示の注意事項も読まずに独り善がり。ただお天道様はしっかり見ていて人生のどこかで天罰を与えていると信じたい。

私はランネットでエントリーしています。 マナーと大会運営向上提言 さん 2024年2月5日 2時18分

このレポートは参考になった

0

マナーと大会運営向上提言 さんのその他のレポート

大会ランキング(種目・フルマラソン)

順位 評価平均点 大会名
1 94.1点 第41回カーター記念黒部名水マラソン (富山県) 参加者7千人以上
2 93.6点 熊本城マラソン2024 (熊本県) 参加者7千人以上
3 93.1点 フラの街 いわきを翔ける 風になれ!第15回いわきサンシャインマラソン (福島県) 参加者7千人以上
4 92.9点 第62回延岡西日本マラソン (宮崎県)
5 91.5点 第61回愛媛マラソン (愛媛県) 参加者7千人以上