レポーター情報

Hiro

全投稿件数 31
全参考になった数 35
「参考になった」指数
ニックネーム Hiro
性別 <非公開>
年代 <非公開>
昨年の大会出場数 <非公開>
自己ベスト <非公開>
ランニング趣向性 <非公開>
自己PR <非公開>

※「参考になった」指数は、直近3年間の各レポーターの平均「参考になった」数(「参考になった」獲得総数/投稿件数)を全体の中で指数化し、5つ星で表したものです。

大会レポート

2023年10月8日 ~ 9日

第31回日本山岳耐久レース(24時間以内)~「長谷川恒男Cup」(東京都)

このスタイルで長く続いて欲しい

出場種目: トレイル 

昨年に続き二度目の参加。
トレイル率が高く細かく登り下りを繰り返すコースや給水1箇所等、ハセツネならでは。スタッフは皆さんとても慣れていて、さすが歴史ある大会。
昨年から変わった2点について。スタート時の整列を、エリートの後はITRAポイントの高い順にした天は良かったですね。自分の周りが概ね走力の近いランナーなので混雑するスタート直後もそれほどストレスを感じなかった。三頭山付近の歩行区間は、エリートは走ってよいが一般は歩行というのは不公平感あると感じた。自分はエリートでエントリーしたがエリートの下部層なので一般の早いランナーが前後にいる状態で歩行区間に入り、走る権利はあるものの前に一般ランナーがいると抜くに抜けず結局歩きとなった。ルールは統一すべきですね。
あとは、月夜見の手前1キロ位の分岐で前のランナーに続いてコースを間違いロスト。分岐で表示がなかったようで、ここは改善して欲しい。

このレポートは参考になった

0

不適切なレポートとして報告する

■総合評価

全体の感想
  • 次回大会の参加 A
  • 参加料に見合った大会 B
  • スタッフ、ボランティア A
会場
  • 会場へのアクセス A
  • スムーズな誘導、受付 A
  • トイレ、荷物預かり、更衣室 A
スタート、コース、フィニッシュ
  • 楽しめるコース設定 A
  • 参加人数に見合ったコース A
  • ランナーの安全管理 A
  • コース誘導 A
  • コース上の給水 A
記録、表彰
  • 記録計測、記録配信サービスの充実 B
  • 充実した表彰区分 A
インフォメーション
  • 装備品の明示 A
  • 分かりやすい大会情報、参加案内 A
  • 大会HPの更新 A

94.0

■大会特色ポイント

大会らしさ、大会の特色
  • 地元への浸透 A
  • 会場の盛り上がり A
  • 特色あるエイドステーション B
  • 参加賞のオリジナリティ A
  • エコ、環境保護 A
  • 大会独自の取り組み、地元色 A
    給水が1箇所のみを貫くハセツネならではのこだわり
大会特色ポイント
4.8 pt

■大会のおすすめポイント

次回大会参加者へのアドバイス

他の大会と異なり必須装備は自主判断ですが、だからと言って軽量目的で装備をおろそかにすると痛い目に合います。水の量やレインウェア等、充分な備えは必要。
夜の高い標高で、体力が落ちて走れない状況で雨が振っていたら、体温が下がり動けなくなります。

私はランネットでエントリーしています。 Hiro さん 2023年10月10日 22時17分

このレポートは参考になった

0

Hiro さんのその他のレポート

大会ランキング(種目・フルマラソン)

順位 評価平均点 大会名
1 94.1点 第41回カーター記念黒部名水マラソン (富山県) 参加者7千人以上
2 93.6点 熊本城マラソン2024 (熊本県) 参加者7千人以上
3 93.1点 フラの街 いわきを翔ける 風になれ!第15回いわきサンシャインマラソン (福島県) 参加者7千人以上
4 92.9点 第62回延岡西日本マラソン (宮崎県)
5 91.5点 第61回愛媛マラソン (愛媛県) 参加者7千人以上