レポーター情報

ニックネーム未登録

全投稿件数 27
全参考になった数 27
「参考になった」指数
ニックネーム
性別 <非公開>
年代 <非公開>
昨年の大会出場数 <非公開>
自己ベスト <非公開>
ランニング趣向性 <非公開>
自己PR <非公開>

※「参考になった」指数は、直近3年間の各レポーターの平均「参考になった」数(「参考になった」獲得総数/投稿件数)を全体の中で指数化し、5つ星で表したものです。

大会レポート

2023年2月19日

Yes!家康プロジェクト浜松 第19回浜松シティマラソン(静岡県)

割高ですね

出場種目: ハーフマラソン 

7,000円といえば一昔前(東京マラソンを始めとする都市型の大会が始まる前)のフルマラソンのエントリーフィーです。
今でも地方の大会ではフルをその値段で走れます。
フルマラソンはエイドに固形物があったりしますが、この大会は水とスポドリのみ(ハーフはそもそもそんなもんですが)、参加賞は手拭いと完走後のスポドリのみ。途中5キロ毎等の計測もなし。完走証の発行なし。
これでは割高感は否めません。

エイドドリンクはごくごく飲むものではなく、一口か二口含む程度だと思います。
大きなコップにあの量は必要ありません。
大会プログラムに参加者一覧は必要ないです。
6ページから12ページの案内だけで十分です。
それだけでも経費削減できるはずです。

運営に"走る人の感覚"を持つ人がいると思えずはいい印象は持てませんでしたが、スタッフさんには感謝です。
特に、他の方も書いていらっしゃいますが、17km(でしたっけ)の若い男性のスタッフさん、あの方にはとても力をもらえました。

このレポートは参考になった

0

不適切なレポートとして報告する

■総合評価

全体の感想
  • 次回大会の参加 C
  • 参加料に見合った大会 D
  • スタッフ、ボランティア A
会場
  • 会場へのアクセス C
  • スムーズな誘導、受付 A
  • トイレ、荷物預かり、更衣室 C
スタート、コース、フィニッシュ
  • 楽しめるコース設定 B
  • 参加人数に見合ったコース C
  • ランナーの安全管理 C
  • 距離表示、コース誘導 B
  • コース上の給水 C
記録、表彰
  • ネットタイム計測 B
  • 記録計測、記録配信サービスの充実 B
  • 充実した表彰区分 B
インフォメーション
  • 分かりやすい大会情報、参加案内 C
  • 大会HPの更新 B

39.6

■大会特色ポイント

大会らしさ、大会の特色
  • 地元への浸透 B
  • 会場の盛り上がり D
  • 特色あるエイドステーション C
  • 参加賞のオリジナリティ B
  • エコ、環境保護 C
  • 大会独自の取り組み、地元色 C
大会特色ポイント
2.7 pt

■大会のおすすめポイント

私はランネットでエントリーしています。 ニックネーム未登録 さん 2023年2月19日 19時31分

このレポートは参考になった

0

ニックネーム未登録 さんのその他のレポート

大会ランキング(種目・フルマラソン)

順位 評価平均点 大会名
1 94.9点 オホーツク網走マラソン2023 (北海道)
2 90.5点 熊本城マラソン2023 (熊本県) 参加者7千人以上
3 89.0点 第40回カーター記念黒部名水マラソン (富山県) 参加者7千人以上
4 88.6点 2023函館マラソン (北海道) 参加者7千人以上
5 86.1点 第6回日本最北端わっかない平和マラソン2023 (北海道)