レポーター情報

公共交通機関利用ランナー

全投稿件数 61
全参考になった数 88
「参考になった」指数
ニックネーム 公共交通機関利用ランナー
性別 男性
年代 <非公開>
昨年の大会出場数 7
自己ベスト フル 3時間11分 ハーフ 1時間29分
ランニング趣向性 エイドを愉しむ派です
自己PR <非公開>

※「参考になった」指数は、直近3年間の各レポーターの平均「参考になった」数(「参考になった」獲得総数/投稿件数)を全体の中で指数化し、5つ星で表したものです。

大会レポート

2022年10月16日

第50回小鹿野ロードレース(埼玉県)

コースが変わり、難易度もアップだけど、沿道の応援は4倍増!

出場種目: ハーフマラソン 

コロナ禍で中止が続きましたが、ようやくの記念大会開催!
相変わらず参加賞のTシャツはいいデザインです。
一方、ハーフのコースは従来と一変。
端的に言えば、ひたすら上り、折り返し後、ひたすら下る。
登りの練習と、下り坂を活かしたスピード練習にももってこいの大会!
コースが変わったおかげで、国道筋から集落を通ることになり、沿道の応援は増えましたし、街の活性化にも一役買うコースになったと思います。路線バスが以前より混んでいたのは町営バスが午前中運休になったせいでしょうか?

このレポートは参考になった

1

不適切なレポートとして報告する

■総合評価

全体の感想
  • 次回大会の参加 A
  • 参加料に見合った大会 A
  • スタッフ、ボランティア A
会場
  • 会場へのアクセス B
  • スムーズな誘導、受付 A
  • トイレ、荷物預かり、更衣室 A
  • 感染症対策 A
スタート、コース、フィニッシュ
  • 楽しめるコース設定 A
  • 参加人数に見合ったコース A
  • コースの安全管理 A
  • 距離表示、コース誘導 B
  • コース上の給水 B
記録、表彰
  • ネットタイム計測 B
  • 記録計測、記録配信サービスの充実 A
  • 充実した年代別表彰 B
インフォメーション
  • 分かりやすい大会情報、参加案内 C
  • 大会HPの更新 C

73.5

■大会特色ポイント

大会らしさ、大会の特色
  • 地元への浸透 A
  • 会場の盛り上がり B
  • 特色あるエイドステーション C
  • 参加賞のオリジナリティ A
  • エコ、環境保護 B
  • 大会独自の取り組み、地元色 A
    コース沿道での地元の太鼓での応援(ありがたかったです!)
大会特色ポイント
4.2 pt

■大会のおすすめポイント

次回大会参加者へのアドバイス

今回の大会は会場でのお弁当販売はありませんでしたが、小鹿野町役場バス停前に農産物直売所があり、ここでお野菜やお弁当を売っていますよ!

公共交通機関利用ランナー さん 2022年10月16日 20時29分

このレポートは参考になった

1

公共交通機関利用ランナー さんのその他のレポート

大会ランキング(種目・フルマラソン)

順位 評価平均点 大会名
1 81.5点 第70回勝田全国マラソン (茨城県) 参加者7千人以上
2 80.5点 第43回館山若潮マラソン (千葉県) 参加者7千人以上
3 78.3点 第71回 別府大分毎日マラソン大会 (大分県)
4 76.3点 第40回いぶすき菜の花マラソン (鹿児島県) 参加者7千人以上
5 68.2点 第41回瀬戸内海タートル・フルマラソン全国大会 (香川県)