レポーター情報

アッキー

全投稿件数 190
全参考になった数 220
「参考になった」指数
ニックネーム アッキー
性別 男性
年代 40代
昨年の大会出場数
自己ベスト ①フル:3時間14分35秒(2019年1月)②30K:2時間10分14秒(2018年10月)③ハーフ:1時間31分28秒(2018年2月)④20K:1時間29分54秒(2018年1月)⑤10マイル:1時間08分27秒(2017年12月)⑥15K:1時間08分11秒(2018年6月)⑦10K:39分21秒(2019年1月)
ランニング趣向性 マラソン大会実践型・記録更新目的派(川内方式)
自己PR 走る理由:速さへの求道(笑)。大会での記録更新が唯一の歓びであり、最近では大会に出ること自体が楽しみであり、時間さえあれば即大会にエントリーする無節操さが唯一の強み(笑)。これまで70大会以上に出場して、DNFは僅か1回のみというタフネスぶりと、奇跡的な運の強さのみが唯一の自慢(笑)。走る度に走ることの難しさや、奥深さを発見できるので、ランニングの深みにどんどん嵌っていき、なかなか止められないまま今日に至る(笑)。

※「参考になった」指数は、直近3年間の各レポーターの平均「参考になった」数(「参考になった」獲得総数/投稿件数)を全体の中で指数化し、5つ星で表したものです。

大会レポート

2022年10月2日

第34回会津若松市鶴ヶ城ハーフマラソン(福島県)

会津若松に眠る両親と祖母へ、想いよ届け!

出場種目: ハーフマラソン 

本来なら2019年大会に参加する予定だったこの大会。当時、体調が優れなかった高齢の父に大会の雰囲気だけでも伝えたいと思い、「ファンラン」ペースで走りながら録画した映像を、後でゆっくり観てもらうつもりだった。しかし、その父がこの年の4月に亡くなり、その計画は破綻した。コロナ中止を挟み、あれから3年。何かの縁に導かれるかのように、この大会に参加。10月2日(日)朝8時27分、気温25度。東北地方の10月とは思えぬ暑さのなかでのハーフマラソン。序盤からヘバリ走がつづくなか(笑)、「大塚山霊園」に眠る両親と祖母の力を借りてなんとか無事完走。結果はともかく、充実感に満たされた気持ちのいい大会であり、会津若松市民のおもてなしと、温かい心遣いが身に沁みる好大会であった。

このレポートは参考になった

6

不適切なレポートとして報告する

■総合評価

全体の感想
  • 次回大会の参加 A
  • 参加料に見合った大会 A
  • スタッフ、ボランティア A
会場
  • 会場へのアクセス A
  • スムーズな誘導、受付 A
  • トイレ、荷物預かり、更衣室 A
  • 感染症対策 A
スタート、コース、フィニッシュ
  • 楽しめるコース設定 A
  • 参加人数に見合ったコース A
  • コースの安全管理 A
  • 距離表示、コース誘導 A
  • コース上の給水 A
記録、表彰
  • ネットタイム計測 A
  • 記録計測、記録配信サービスの充実 A
  • 充実した年代別表彰 A
インフォメーション
  • 分かりやすい大会情報、参加案内 A
  • 大会HPの更新 A

100.0

■大会特色ポイント

大会らしさ、大会の特色
  • 地元への浸透 A
  • 会場の盛り上がり A
  • 特色あるエイドステーション A
  • 参加賞のオリジナリティ A
  • エコ、環境保護 A
  • 大会独自の取り組み、地元色 A
    過去に参加した数多くのマラソン大会のなかでも抜きんでておもてなし度が高い
大会特色ポイント
5.0 pt

■大会のおすすめポイント

次回大会参加者へのアドバイス

ハーフマラソンのコース設定は、高低差はそれほどでもないが、所々で細かいアップダウンが連続することと、カーブが多くて、総合的に鑑みると若干タフなコース設定だと思う。この時季の気候を考えたら、ハーフマラソン初戦だと思って、気楽に参加した方が得策だと思う。

私はランネットでエントリーしています。 アッキー さん 2022年10月2日 20時2分

このレポートは参考になった

6

アッキー さんのその他のレポート

大会ランキング(種目・フルマラソン)

順位 評価平均点 大会名
1 94.9点 オホーツク網走マラソン2022 (北海道)
2 94.5点 第5回日本最北端わっかない平和マラソン2022 (北海道)
3 91.9点 第24回長野マラソン (長野県) 参加者7千人以上
4 91.8点 第39回カーター記念黒部名水マラソン (富山県) 参加者7千人以上
5 89.2点 金沢マラソン2022 (石川県) 参加者7千人以上