レポーター情報

ともじ

全投稿件数 37
全参考になった数 60
「参考になった」指数
ニックネーム ともじ
性別
年代 <非公開>
昨年の大会出場数
自己ベスト
ランニング趣向性
自己PR

※「参考になった」指数は、直近3年間の各レポーターの平均「参考になった」数(「参考になった」獲得総数/投稿件数)を全体の中で指数化し、5つ星で表したものです。

大会レポート

2022年5月3日

第30回武庫川ユリカモメウルトラ70kmマラソン(兵庫県)

ありがとう。待ち望んだ武庫川ユリカモメ!

出場種目: ウルトラマラソン 

コロナ禍で2回実施が見送られた武庫川ユリカモメウルトラ70Kの開催を心待ちにしていたランナーの一人です。運営主体がランナー団体でもあり、ランナー目線に立った大会に共感し、これまでも参加してきました。当日も運営側のご尽力が実って、快晴の中、実施できたことは「運」も持っているなと感じます。マイカップ持参での給水もスムーズ。普段はゴミ箱を意識して「呑みきれない?」こともありましたが、今回は補給が十分に出来た点は、意外なメリットかも。この大会は往復コースを利用する点から、マイ給水給食置き場が設置でき、今回も持参した給食が多いに活用でき、安定した走りに繋がりました。運営の皆様方への感謝。朝早くから一日おつかれさまでした。大会開催ありがとうございました。

このレポートは参考になった

1

不適切なレポートとして報告する

■総合評価

全体の感想
  • 次回大会の参加 A
  • 参加料に見合った大会 A
  • スタッフ、ボランティア A
会場
  • 会場へのアクセス A
  • スムーズな誘導、受付 B
  • トイレ、荷物預かり、更衣室 A
  • 感染症対策 B
スタート、コース、フィニッシュ
  • 楽しめるコース設定 B
  • 参加人数に見合ったコース A
  • コースの安全管理 B
  • 距離表示、コース誘導 A
  • コース上の給水 A
記録、表彰
  • ネットタイム計測 C
  • 記録計測、記録配信サービスの充実 C
  • 充実した年代別表彰 B
インフォメーション
  • 分かりやすい大会情報、参加案内 B
  • 大会HPの更新 A

72.0

■大会特色ポイント

大会らしさ、大会の特色
  • 地元への浸透 B
  • 会場の盛り上がり B
  • 特色あるエイドステーション C
  • 参加賞のオリジナリティ A
  • エコ、環境保護 A
  • 大会独自の取り組み、地元色 A
    コロナ禍で過年度2回実施できなかったとあって、今回実施に向けた運営本部の直向きな姿勢を強く感じました。参加者もエントリー段階で前回開催時より少なめでしたが、自然減とはいえ、また回数を重ねると復帰するレベルだと思います。
    今回は感染拡大防止とエコロジー対策で給水はマイカップ持参で取り組み、この点は共感できる部分です。運営主体がランナー団体でもあるため、環境対策に取り組む姿勢は今後も拡大されることを期待してます。
大会特色ポイント
4.2 pt

■大会のおすすめポイント

次回大会参加者へのアドバイス

参加理由でも触れていますが、ウルトラマラソン初挑戦となる方にはお勧めの大会です。普段のトレーニングで超長距離走を取り組む機会はまずないことだと思います。
参加費に見合った大会規模でもあり、参加者によるマイ給水給食持参できる仕様など、超長距離レースにあたって体感するカラダの消耗度、脚の疲労度などは体感するのにバッチリです。

私はランネットでエントリーしています。 ともじ さん 2022年5月4日 7時20分

このレポートは参考になった

1

ともじ さんのその他のレポート

大会ランキング(種目・フルマラソン)

順位 評価平均点 大会名
1 95.1点 オホーツク網走マラソン2022 (北海道)
2 94.3点 第5回日本最北端わっかない平和マラソン2022 (北海道)
3 91.8点 第39回カーター記念黒部名水マラソン (富山県) 参加者7千人以上
3 91.8点 第24回長野マラソン (長野県) 参加者7千人以上
5 85.6点 2022函館マラソン (北海道) 参加者7千人以上