レポーター情報

edge

全投稿件数 67
全参考になった数 331
「参考になった」指数
ニックネーム edge
性別
年代 <非公開>
昨年の大会出場数 <非公開>
自己ベスト <非公開>
ランニング趣向性 <非公開>
自己PR <非公開>

※「参考になった」指数は、直近3年間の各レポーターの平均「参考になった」数(「参考になった」獲得総数/投稿件数)を全体の中で指数化し、5つ星で表したものです。

大会レポート

2022年2月27日

走り抜こう!潮風香るフラの街いわきを!!第13回いわきサンシャインマラソン(福島県)

※本大会は開催の中止が確認できましたので、採点対象外となります。(大会レポのルールはこちら)

中止ながら誠意に溢れた返金処置、素晴らしい

出場種目: フルマラソン 

1か月前の中止なので返金相場はせいぜい2~3割。マラソン大会の参加費徴収詐欺文化に嫌気が差し、もうエントリーはしないと決めた矢先だったので衝撃を受けました。

今回の中止に伴う返金、なんとほぼ全額というご英断。しかも参加記念品は後日郵送して下さるので、トータルで見ると参加者は少し得をしてる。こんな良心的な大会が存在していた事に気付き、マラソン大会も捨てた物じゃないと救われた思いとともに本大会への感謝の気持ちで一杯です。
「いわき=中止」のイメージを払拭するために、運営の皆様がどれだけ奔走されたかと思うと本当に頭が下がります。主催者やスポンサーが費用負担してでもエントリーした人達の気持ちに寄り添う決断は、普通ではできない。
もっともらしい理由をつけて参加費を値上げしながらも直前に中止して平然と利益を稼ぐ大会が溢れかえる中、世の中にはまだこんな良心に溢れた大会があると知り救われた思いです。

今回エントリーした4,000人、この決断に対する熱い思いはみな同じではないでしょうか。今回の返金額は、来年度何倍にもして必ず次回の大会といわきの活性化の為に使わさせて頂きます。

このレポートは参考になった

15

不適切なレポートとして報告する

■総合評価

全体の感想
  • 次回大会の参加 B
  • 参加料に見合った大会 B
  • スタッフ、ボランティア B
会場
  • 会場へのアクセス B
  • スムーズな誘導、受付 B
  • トイレ、荷物預かり、更衣室 B
  • 感染症対策 B
スタート、コース、フィニッシュ
  • 楽しめるコース設定 B
  • 参加人数に見合ったコース B
  • コースの安全管理 B
  • 距離表示、コース誘導 B
  • コース上の給水 B
記録、表彰
  • ネットタイム計測 B
  • 記録計測、記録配信サービスの充実 B
  • 充実した年代別表彰 B
インフォメーション
  • 分かりやすい大会情報、参加案内 B
  • 大会HPの更新 B

--.-

■大会特色ポイント

大会らしさ、大会の特色
  • 地元への浸透 B
  • 会場の盛り上がり B
  • 特色あるエイドステーション B
  • 参加賞のオリジナリティ B
  • エコ、環境保護 B
  • 大会独自の取り組み、地元色 B
大会特色ポイント
--.-pt

私はランネットでエントリーしています。 edge さん 2022年3月5日 5時12分

このレポートは参考になった

15

edge さんのその他のレポート

大会ランキング(種目・フルマラソン)

順位 評価平均点 大会名
1 95.2点 オホーツク網走マラソン2023 (北海道)
2 91.2点 おかやまマラソン2023 (岡山県) 参加者7千人以上
3 90.2点 熊本城マラソン2023 (熊本県) 参加者7千人以上
4 89.1点 第40回カーター記念黒部名水マラソン (富山県) 参加者7千人以上
5 88.7点 2023函館マラソン (北海道) 参加者7千人以上