レポーター情報

k

全投稿件数 1
全参考になった数 ※全参考になった数は現在メンテナンス中です。
「参考になった」指数
ニックネーム k
性別 <非公開>
年代 <非公開>
昨年の大会出場数 <非公開>
自己ベスト <非公開>
ランニング趣向性 <非公開>
自己PR <非公開>

※「参考になった」指数は、直近3年間の各レポーターの平均「参考になった」数(「参考になった」獲得総数/投稿件数)を全体の中で指数化し、5つ星で表したものです。

大会レポート

2022年2月6日

第70回記念別府大分毎日マラソン大会(大分県)

縮小判断について

出場種目: フルマラソン 

カテ2で出走が叶わなかった者です。
今回の縮小判断については心底失望しました。

失礼を承知で言いますが、例えカテ1でも持ちタイム的にMGC選考に絶対絡まないであろう人のほうが多いです。
そんな中でカテ1全員を残す理由は一体何だったのでしょうか?
(決してカテ1の方々のことを悪く言ってる訳ではありません)
MGC選考の大義名分もあり開催したのだとは思いますが、本当に選考に絡みそうな招待選手+例えば持ちタイム2時間20分以内に絞るほうがまだ納得感があります。

持ちタイムに差はあれど、レースに至るまでの努力や想いはカテ1だろうがカテ2~4だろうが全員平等なはず。
それが別大にエントリーするほどのシリアスランナーであれば猶更のこと。
今回の大会側の判断は、多くのランナーの別大に懸ける想いを踏み躙ってタイム差別を助長した内容だと思います。
それなら先日の福岡国際や防府のように最初から厳しい参加資格で開催宣言するほうがよっぽどマシ。

このレポートは参考になった

24

不適切なレポートとして報告する

■総合評価

全体の感想
  • 次回大会の参加 D
  • 参加料に見合った大会 D
  • スタッフ、ボランティア D
会場
  • 会場へのアクセス D
  • スムーズな誘導、受付 D
  • トイレ、荷物預かり、更衣室 D
  • 感染症対策 D
スタート、コース、フィニッシュ
  • 楽しめるコース設定 D
  • 参加人数に見合ったコース D
  • コースの安全管理 D
  • 距離表示、コース誘導 D
  • コース上の給水 D
記録、表彰
  • ネットタイム計測 D
  • 記録計測、記録配信サービスの充実 D
  • 充実した年代別表彰 D
インフォメーション
  • 分かりやすい大会情報、参加案内 D
  • 大会HPの更新 D

0.0

■大会特色ポイント

大会らしさ、大会の特色
  • 地元への浸透 D
  • 会場の盛り上がり D
  • 特色あるエイドステーション D
  • 参加賞のオリジナリティ D
  • エコ、環境保護 D
  • 大会独自の取り組み、地元色 D
大会特色ポイント
1.2 pt

■大会のおすすめポイント

私はランネットでエントリーしています。 k さん 2022年2月7日 15時6分

このレポートは参考になった

24

k さんのその他のレポート

大会ランキング(種目・フルマラソン)

順位 評価平均点 大会名
1 91.7点 第39回カーター記念黒部名水マラソン (富山県) 参加者7千人以上
1 91.7点 第24回長野マラソン (長野県) 参加者7千人以上
3 85.6点 2022函館マラソン (北海道) 参加者7千人以上
4 83.5点 ランナーズフルマラソンチャレンジ2022 in 国営昭和記念公園 (東京都)
5 81.7点 ランナーズフルマラソンチャレンジ2022 in 大阪 (大阪府)