レポーター情報

ともじ

全投稿件数 38
全参考になった数 61
「参考になった」指数
ニックネーム ともじ
性別
年代 <非公開>
昨年の大会出場数
自己ベスト
ランニング趣向性
自己PR

※「参考になった」指数は、直近3年間の各レポーターの平均「参考になった」数(「参考になった」獲得総数/投稿件数)を全体の中で指数化し、5つ星で表したものです。

大会レポート

2021年12月12日

奈良マラソン2021(奈良県)

コロナ感染症対策を万全に期した素晴らしい大会でした。

出場種目: フルマラソン 

今大会はコロナ感染症対策を十分に施し、ランナーを始め大会に関わる全ての人にとって安全な大会となることを第一に、リアルな大会として開催されたことに関係された皆さま方に対して感謝いたします。
大会はこの運営の皆さまの準備が天候も味方につけて、比較的穏やかな天候のもと、多くの参加者が高いパフォーマンスを発揮できたのではないかと思います。
ランナーも「やっと実現できた」喜びをもって参加できた大会だけに、序盤から勢いよく走り出した方もみかけましたが、そこはフルマラソン。30キロ過ぎたあたりから、一つ一つ拾いながら前へ前へとすすむのは気持ち良いものでした。

このレポートは参考になった

3

不適切なレポートとして報告する

■総合評価

質問
  • 大会の満足度 A
  • 運営の満足度 A

100.0

■大会特色ポイント

大会らしさ、大会の特色
  • 会場の盛り上がり A
  • 参加賞のオリジナリティ B
  • エコ、環境保護 A
  • 大会独自の取り組み A
    今回はコロナ感染症対策を前面に押し出した点では、これまでの奈良マラソンとは違った独自性があったと思います。
    健康管理・行動管理チェックも当日前2週間前から実施をし、その結果を当日さらにチェックして会場に入場できるシステムは、今後も参加者への健康意識、行動の自制をはたらきかけるツールとして、他の大会でも利用して欲しいシステムだと思いました。
    大会後も2週間健康管理チェックは続きますが、すべて問題なければ大会としても大成功だと考えます。
大会特色ポイント
4.7 pt

次回大会参加者へのアドバイス

毎回このレポートでも触れますが、何度参加しても奈良マラソンのタフなコースは、当日の体調や気象環境、そして走り込んできた走力、脚力が結果として出てくる大会です。
まずは前半しっかりスピードを流されるままにオーバーペースにならない走りの管理能力は高めておいてほしいところです。
また、当然のことですが距離のある登り坂をしっかり走り込める脚力も大切ですから、平坦な道ではなくアップダウンある道をしっかり走りこなしておく必要があります。また、それを走り終えて疲れがでてきた後、平坦な道を快調走するなど、負荷をかけた後に自身のもつ走力を維持できるかどうか積み上げて準備してください。

私はランネットでエントリーしています。 ともじ さん 2021年12月12日 21時25分

このレポートは参考になった

3

ともじ さんのその他のレポート

大会ランキング(種目・フルマラソン)

順位 評価平均点 大会名
1 94.8点 熊本城マラソン2024 (熊本県) 参加者7千人以上
2 91.4点 第61回愛媛マラソン (愛媛県) 参加者7千人以上
3 90.5点 世界遺産姫路城マラソン2024 (兵庫県) 参加者7千人以上
4 90.3点 第44回館山若潮マラソン (千葉県) 参加者7千人以上
5 89.8点 第41回いぶすき菜の花マラソン (鹿児島県) 参加者7千人以上