レポーター情報

よこちゃん

全投稿件数 74
全参考になった数 35
「参考になった」指数
ニックネーム よこちゃん
性別
年代 <非公開>
昨年の大会出場数
自己ベスト
ランニング趣向性
自己PR <非公開>

※「参考になった」指数は、直近3年間の各レポーターの平均「参考になった」数(「参考になった」獲得総数/投稿件数)を全体の中で指数化し、5つ星で表したものです。

大会レポート

2021年2月13日

愛媛・国領川 Trial Marathon(愛媛県)

一年ぶりのレース

出場種目: フルマラソン 

スタートライン足元位置指定のテーピングなど細かいところまで最善の感染対策がされていた。また、ゴールランナーを放送で紹介するなど大会を盛り上げる工夫がなされていた。レース専用コースではなかったが県中学駅伝大会のコースで使用されているせいかレース中は歩行者・自転車もなくありがたかった。周回でなく折り返し17回はきつかった。また飲料水のペットボトルは飲み口が小さいので最初むせてしまった。いい勉強でした。ワースト記録になってしまったが現状の実力を把握できてよかった。また、これからどれだけ上げていけるか。今後、こうしたミニの大会も数多くあると地元の底辺拡大にもつながるでしょう。
走りたい気持ちを抑えて、今回ボランティアに徹してくださった新居浜楽走会の方々には感謝しています。最後までありがとうございました。

このレポートは参考になった

1

不適切なレポートとして報告する

■総合評価

質問
  • 大会の満足度 A
  • 運営の満足度 A

100.0

■大会特色ポイント

大会らしさ、大会の特色
  • 会場の盛り上がり A
  • 参加賞のオリジナリティ A
  • エコ、環境保護 A
  • 大会独自の取り組み A
    コロナ対策に最善の対策がされていた
大会特色ポイント
5.0 pt

次回大会参加者へのアドバイス

トライアルシリーズはどうしてもシリアルランナーの比重が多くなり、ゆっくりランナーには終盤、寂しい、しんどいレースになりがちです。でも、周囲にまどわされず完走狙いとか自己記録更新とか、自分の目標を見失わず走ることが大切です。また、シリアルランナーの比重が高いのでどうしても全般的に最初飛ばしてしまいがちです(私も引っ張られてしまいました)落ち着いて設定ペースを守ることが大切です。

私はランネットでエントリーしています。 よこちゃん さん 2021年2月14日 14時32分

このレポートは参考になった

1

よこちゃん さんのその他のレポート

大会ランキング(種目・フルマラソン)

順位 評価平均点 大会名
1 94.9点 オホーツク網走マラソン2022 (北海道)
2 94.5点 第5回日本最北端わっかない平和マラソン2022 (北海道)
3 91.9点 第24回長野マラソン (長野県) 参加者7千人以上
4 91.8点 第39回カーター記念黒部名水マラソン (富山県) 参加者7千人以上
5 89.3点 金沢マラソン2022 (石川県) 参加者7千人以上