レポーター情報

ようすけ

全投稿件数 79
全参考になった数 50
「参考になった」指数
ニックネーム ようすけ
性別 <非公開>
年代 <非公開>
昨年の大会出場数 <非公開>
自己ベスト <非公開>
ランニング趣向性 <非公開>
自己PR <非公開>

※「参考になった」指数は、直近3年間の各レポーターの平均「参考になった」数(「参考になった」獲得総数/投稿件数)を全体の中で指数化し、5つ星で表したものです。

大会レポート

2020年12月20日

第8回 上野の森ハーフマラソン(東京都)

貴重な体験をできました

出場種目: 10kmマラソン 

早朝の上野公園を走れるという清々しい体験ができました。
案内の封筒が届いた時は感染症対策にかなりナーバスになっているような事が書いてあり、会場の雰囲気が悪いのではと不安を感じましたが、そんな事はなく、感染症対策をしつつもごく普通の雰囲気で安心しました。

レース中もマスク着用と、並列して話しながら走っているランナーが意外と多かったのが問題点でしたが、コースは危ない所にスタッフがおり、しっかりと声掛けをしてくれたので安心してレースをできました。
マスク着用が影響して自己ベストより1分20秒程遅いタイムでしたが、結構上位でゴールできたので良しとします。

ゴール後にバナナとスポーツドリンク、コーラが用意されていたのはありがたかったです。
特にコーラは糖分補給と目覚ましに効果がありました。

春にかかりつけの医者からマスクをして走るのは危険だから絶対にしないようにと釘を刺されましたが、今日のレースでマスク着用で走るのは良くないというのを再認識できました。
マスク着用ランニングを推奨した山中伸弥とそれに賛同したGLAYのTERUの罪は重いです。

このレポートは参考になった

4

不適切なレポートとして報告する

■総合評価

全体の感想
  • 次回大会の参加 B
  • 参加料に見合った大会 B
  • スタッフ、ボランティア A
会場
  • 会場へのアクセス A
  • スムーズな誘導、受付 A
  • トイレ、荷物預かり、更衣室 A
スタート、コース、フィニッシュ
  • 楽しめるコース設定 A
  • 参加人数に見合ったコース B
  • コースの安全管理 A
  • 距離表示、コース誘導 C
  • コース上の給水 B
記録、表彰
  • ネットタイム計測 A
  • 記録計測、記録配信サービスの充実 B
  • 充実した年代別表彰 B
インフォメーション
  • 分かりやすい大会情報、参加案内 A
  • 大会HPの更新 B

72.5

■大会特色ポイント

大会らしさ、大会の特色
  • 地元への浸透 C
  • 会場の盛り上がり C
  • 特色あるエイドステーション C
  • 参加賞のオリジナリティ B
  • エコ、環境保護 B
  • 大会独自の取り組み、地元色 B
    参加賞に寛永寺の御守りが入っていた事が場所と現在の状況に合っていて良いと思いました。
大会特色ポイント
3.2 pt

■大会のおすすめポイント

次回大会参加者へのアドバイス

通常開催でもスタートが7時30分と早く、受付も6時30分~7時までなので、会場からそれほど遠くない所に住んでいる人でも始発電車に乗っても時間ギリギリになりそうでしたら近くのホテルに宿泊するのをオススメします。

今回はハーフの部は中止になりましたが、ハーフは徒歩区間がありますのでファンランナーやマラニックで走る人向け、10kmの部は徒歩区間がないのでガチランナー向けと言えます。

私はランネットでエントリーしています。 ようすけ さん 2020年12月20日 21時35分

このレポートは参考になった

4

ようすけ さんのその他のレポート

大会ランキング(種目・フルマラソン)

順位 評価平均点 大会名
1 94.1点 第41回カーター記念黒部名水マラソン (富山県) 参加者7千人以上
2 93.6点 熊本城マラソン2024 (熊本県) 参加者7千人以上
3 93.1点 フラの街 いわきを翔ける 風になれ!第15回いわきサンシャインマラソン (福島県) 参加者7千人以上
4 92.9点 第62回延岡西日本マラソン (宮崎県)
5 91.5点 第61回愛媛マラソン (愛媛県) 参加者7千人以上