レポーター情報

マナーと大会運営向上提言

全投稿件数 63
全参考になった数 791
「参考になった」指数
ニックネーム マナーと大会運営向上提言
性別 <非公開>
年代 <非公開>
昨年の大会出場数 <非公開>
自己ベスト <非公開>
ランニング趣向性 <非公開>
自己PR <非公開>

※「参考になった」指数は、直近3年間の各レポーターの平均「参考になった」数(「参考になった」獲得総数/投稿件数)を全体の中で指数化し、5つ星で表したものです。

大会レポート

2020年10月25日

いわて盛岡シティマラソン2020(岩手県)

※本大会は開催の中止が確認できましたので、採点対象外となります。(大会レポのルールはこちら)

完走証・名簿紙希望、メダルは入賞者限定で、経費配分見直し要

出場種目: フルマラソン 

コロナ禍のために現時点で日本各地の多くの大会の再開目途は立っていないが、これだけ全国に広まったフルマラソン大会の完走自体に、然したる価値はない。ランナー以外の一般人を含めず、ランナーを母集団で考えれば、曲がりなりにもランナーとして出場した大会で6時間完走者への健闘奨励賞は、防寒防雨実用品の大型タオルでよい。メダルは贈呈の功績評価根拠が不明であり、入賞者表彰のための限定配布でよい。一方、完走証・名簿は紙を希望。消費税8%→10%後に開催された2019年大会に比べ、結局中止となった今年の出場料ですら9,000円から500円値上げ、経費配分を見直して欲しい。ただ、来年以降の再開時には疾病対応で費用が嵩み、再値上げとなるだろう。東京マラソンの来年10/17へのリスケに伴い、前回の大会レポでも酷評されたのに従来通り10月開催企図なら、出場者募集にも難儀を予想。ランナー目線を忘れずにね。前回の反省がないようなら、この大会の先行きは暗い。県内には陸連公認大会が既に2つあり、しかもいわて北上マラソンは10月開催。県庁所在地開催でも後発の本大会の立場が安泰な筈はないし、まず県内他大会への配慮が必要だ。

このレポートは参考になった

3

不適切なレポートとして報告する

■総合評価

全体の感想
  • 次回大会の参加 B
  • 参加料に見合った大会 C
  • スタッフ、ボランティア B
会場
  • 会場へのアクセス C
  • スムーズな誘導、受付 C
  • トイレ、荷物預かり、更衣室 C
スタート、コース、フィニッシュ
  • 楽しめるコース設定 C
  • 参加人数に見合ったコース C
  • コースの安全管理 C
  • 距離表示、コース誘導 B
  • コース上の給水 B
記録、表彰
  • ネットタイム計測 B
  • 記録計測、記録配信サービスの充実 B
  • 充実した年代別表彰 B
インフォメーション
  • 分かりやすい大会情報、参加案内 C
  • 大会HPの更新 C

--.-

■大会特色ポイント

大会らしさ、大会の特色
  • 地元への浸透 B
  • 会場の盛り上がり C
  • 特色あるエイドステーション C
  • 参加賞のオリジナリティ C
  • エコ、環境保護 C
  • 大会独自の取り組み、地元色 C
大会特色ポイント
--.-pt

次回大会参加者へのアドバイス

前回の大会レポで酷評されているように、荷物の預かり・返却方法、そもそも荷物袋が小さいこと、トイレの少なさ、コースが狭いこと、完走タオルが小さいこと、フルマラソンとファンランの混在同時並行走、……、私は前回、エントリーしていないので伝聞状態だが、大会事務局は見直す努力が必要だと思う。ランナーは、応募前にこれらを確認(架電/メール照会)したい。一方、大会事務局は、改善点をHPに掲載して欲しい。

私はランネットでエントリーしています。 マナーと大会運営向上提言 さん(6819500) 2020年10月25日 9時27分

このレポートは参考になった

3

マナーと大会運営向上提言 さんのその他のレポート

大会ランキング(種目・フルマラソン)

順位 評価平均点 大会名
1 93.7点 第12回 徳島・海陽 究極の清流 海部川風流マラソン (徳島県)
2 92.3点 第58回愛媛マラソン (愛媛県) 参加者7千人以上
3 89.7点 第7回作.AC真駒内マラソン (北海道)
4 89.3点 第69回 別府大分毎日マラソン (大分県)
5 86.1点 北九州マラソン2020 (福岡県) 参加者7千人以上