レポーター情報

らんにんぐマン

全投稿件数 27
全参考になった数 26
「参考になった」指数
ニックネーム らんにんぐマン
性別 男性
年代 <非公開>
昨年の大会出場数 0
自己ベスト フル3時間53分台、ハーフ1時間39分台、10㎞44分台、5㎞21分台
ランニング趣向性 タイム狙い派(フル、ハーフ、10K)
自己PR  昨秋から年始までは、例年参加していた各大会が全て中止を決定していたので、練習量は例年に比べて少なく、多い日でマイペースでの2時間走やハーフの距離を走る位でした。
 ようやく脚も仕上がってきたので、もう少し時間と距離を延ばして走ろうかと思ったところに再度の緊急事態宣言が発令されました。時間・場所・感染予防に注意して、孤独に走ろうと思います。

 年内も引き続き、ほとんどの大会が開催されることは無さそうです。
 昨年は大会に参加を始めてから、初めて脚を痛めて走れない期間がありました。40代半ばとなり年齢的にも負荷が掛かる練習を続けると、故障をする確率や疲労が早く抜けないことを、身を持って感じました。大会が開催されない現在は、負荷を強く掛け続ける練習を減らし、じっくりとフォームの修正・確認をしながら、脚や身体に負担を掛けすぎないような練習メニューを模索しながら走っています。

※「参考になった」指数は、直近3年間の各レポーターの平均「参考になった」数(「参考になった」獲得総数/投稿件数)を全体の中で指数化し、5つ星で表したものです。

大会レポート

2020年2月2日

第29回東京ベイ浦安シティマラソン(千葉県)

人気大会の高速コースも、参加料がお高いので…。

出場種目: ハーフマラソン 

毎回ディズニーのマラソンイベントと思って参加の人がいますが、浦安市等が主催する市民マラソン大会です。
(株)オリエンタルランドは大会協賛として参加賞にハンドタオルの提供等をしています。ミッキーたちに会いたい(多忙で来られない上に、今年は猫ひろしが来たから?)、ディズニー感を味わいたい参加目的なら高騰化した参加料をTDRに充てることを勧めます。

 コースは前半のアーチ状の橋以外はほぼ平坦で自己ベストが狙えて初心者にも走りやすい。

 各大会の参加料が諸々の事情で高騰しているが、ハーフとしては少々お高い印象。先週参加の館山フルと同じ金額です。10kmの部も考えたが、交通費込みと高速コースの良さを考えると、次回は他大会との兼ね合い次第。

○次回への要望
・手荷物預かり方法の再考
 通しナンバーで区切ると申告タイム順?なので、当然、受領も同じ時間帯になるので混雑した。末尾での管理を希望。
・事前送付書類に体育館内のレイアウト図や更衣室への導線の掲載。

 酷評だった外の更衣室を武道館内に変更したのはよかったです。

このレポートは参考になった

0

不適切なレポートとして報告する

■総合評価

全体の感想
  • 次回大会の参加 A
  • 参加料に見合った大会 B
  • スタッフ、ボランティア A
会場
  • 会場へのアクセス A
  • スムーズな誘導、受付 B
  • トイレ、荷物預かり、更衣室 B
スタート、コース、フィニッシュ
  • 楽しめるコース設定 A
  • 参加人数に見合ったコース A
  • コースの安全管理 A
  • 距離表示、コース誘導 A
  • コース上の給水 A
記録、表彰
  • ネットタイム計測 A
  • 記録計測、記録配信サービスの充実 B
  • 充実した年代別表彰 A
インフォメーション
  • 分かりやすい大会情報、参加案内 B
  • 大会HPの更新 B

79.0

■大会特色ポイント

大会らしさ、大会の特色
  • 地元への浸透 A
  • 会場の盛り上がり A
  • 特色あるエイドステーション B
  • 参加賞のオリジナリティ B
  • エコ、環境保護 A
  • 大会独自の取り組み、地元色 A
    ・この近辺では公園内や河川敷はなく道路を使用して走れる。
    ・ゴールが陸上競技場トラックでアスリート気分が味わえる。
    ・ゲストランナーの猫ひろしさんが、大会を盛り上げていた。
    ・ゼッケン提示で舞浜ユーラシアの特典を受けられる。
大会特色ポイント
4.6 pt

■大会のおすすめポイント

次回大会参加者へのアドバイス

・全参加者の半数以上は先行受付枠の浦安市民で、残りの枠に市外から便乗参加の形式なので、大会における地元アピールや、来られなくなったミッキー達に代わり、前回から高橋尚子さんや猫ひろしさんをゲストに招き始めたがイベント面には積極的ではない。

・高速コースやTDR周辺を走れるのが売りになっているが、それ以外は他大会と比べても大きな特徴はなく、即日受付終了の人気大会だが、遠方からあえて参加する価値があるかは個々の判断によるところ。

・運営に大きな問題点はなく、参加者数も適正範囲で酷い混雑もない。
・体育館で雨や寒さを凌げる。
・トイレは外の仮設の方が空いているが、大の方は結構並んでいた。
・コースは、前半のアーチ状の橋の往復以外はほぼ平坦、天候次第で自己ベストも狙える。沿道の応援は市街地を離れると少なめ。

・ティズニーパレードを妄想し、ファンラン気分で仮装の準備は万全、走る練習は不十分で参加すると、途中の関門でパーレード打ち切りです。また後半のTDRの外周道路は、車内からの応援よりも渋滞で苛立つ冷たい視線が痛いので、歩かずにゴールできる走力は欲しい。

私はランネットでエントリーしています。 らんにんぐマン さん 2020年2月2日 17時51分

このレポートは参考になった

0

らんにんぐマン さんのその他のレポート

大会ランキング(種目・フルマラソン)

順位 評価平均点 大会名
1 94.1点 第41回カーター記念黒部名水マラソン (富山県) 参加者7千人以上
2 93.6点 熊本城マラソン2024 (熊本県) 参加者7千人以上
3 93.0点 フラの街 いわきを翔ける 風になれ!第15回いわきサンシャインマラソン (福島県) 参加者7千人以上
4 92.9点 第62回延岡西日本マラソン (宮崎県)
5 91.5点 第61回愛媛マラソン (愛媛県) 参加者7千人以上