レポーター情報

みやも

全投稿件数 28
全参考になった数 104
「参考になった」指数
ニックネーム みやも
性別 <非公開>
年代 <非公開>
昨年の大会出場数 <非公開>
自己ベスト <非公開>
ランニング趣向性 <非公開>
自己PR <非公開>

※「参考になった」指数は、直近3年間の各レポーターの平均「参考になった」数(「参考になった」獲得総数/投稿件数)を全体の中で指数化し、5つ星で表したものです。

大会レポート

2020年1月19日

第11回東京・赤羽ハーフマラソン(東京都)

5km毎ラップは欲しい! 値上げしたのだから・・・

出場種目: ハーフマラソン 

■赤羽は3年ぶり2回目の出場。
■近い、安い(比較的)、事前送付のお気軽お手軽大会。11時頃スタートも朝ゆっくり出来て〇。箱根を目指す大学生が出場する本格的な一面も。
■3年前に比べて、ウエーブスタートが2組⇒4組へ細分化。
■3年前に比べて、ハーフの参加費、4500円⇒5000円に値上げ。
■参加賞の長袖Tシャツ。3年前はピンクのペー・パー色。今回はグレーで前回よりは使えるかな?
■相変わらず、5km毎ラップ計測はない。陸連公認大会として、これだけは何とかしてほしい。値上げしたのだから…
■相変わらず、前日の雨で荷物預り付近が田んぼ状態。もう少し会場レイアウトを考えてほしい。ボランティアの学生さんたち、靴をドロドロにしながら頑張ってくれました。ありがとう。
■大会挨拶。スターターの議員は“先生”扱い、ゲストランナーは“君”呼ばわり。陸連の、時代にそぐわない、イヤな部分を垣間見た気がする。ずっと陸連登録してきたが、来年度はもう止めようかな?

このレポートは参考になった

1

  •                              

不適切なレポートとして報告する

■総合評価

全体の感想
  • 次回大会の参加 B
  • 参加料に見合った大会 B
  • スタッフ、ボランティア B
会場
  • 会場へのアクセス A
  • スムーズな誘導、受付 B
  • トイレ、荷物預かり、更衣室 B
スタート、コース、フィニッシュ
  • 楽しめるコース設定 B
  • 参加人数に見合ったコース B
  • コースの安全管理 C
  • 距離表示、コース誘導 C
  • コース上の給水 B
記録、表彰
  • ネットタイム計測 B
  • 記録計測、記録配信サービスの充実 B
  • 充実した年代別表彰 B
インフォメーション
  • 分かりやすい大会情報、参加案内 B
  • 大会HPの更新 B

49.5

■大会特色ポイント

大会らしさ、大会の特色
  • 地元への浸透 C
  • 会場の盛り上がり C
  • 特色あるエイドステーション C
  • 参加賞のオリジナリティ B
  • エコ、環境保護 C
  • 大会独自の取り組み、地元色 B
大会特色ポイント
3.0 pt

■大会のおすすめポイント

私はランネットでエントリーしています。 みやも さん(6000894) 2020年1月20日 12時58分

このレポートは参考になった

1

  •                              

みやも さんのその他のレポート

大会ランキング(種目・フルマラソン)

順位 評価平均点 大会名
1 93.7点 第12回 徳島・海陽 究極の清流 海部川風流マラソン (徳島県)
2 92.3点 第58回愛媛マラソン (愛媛県) 参加者7千人以上
3 89.3点 第69回 別府大分毎日マラソン (大分県)
4 86.1点 北九州マラソン2020 (福岡県) 参加者7千人以上
5 85.4点 第68回勝田全国マラソン (茨城県) 参加者7千人以上