レポーター情報

マナーと大会運営向上提言

全投稿件数 56
全参考になった数 645
「参考になった」指数
ニックネーム マナーと大会運営向上提言
性別 <非公開>
年代 <非公開>
昨年の大会出場数 <非公開>
自己ベスト <非公開>
ランニング趣向性 <非公開>
自己PR <非公開>

※「参考になった」指数は、直近3年間の各レポーターの平均「参考になった」数(「参考になった」獲得総数/投稿件数)を全体の中で指数化し、5つ星で表したものです。

大会レポート

2019年12月15日

第6回 はが路ふれあいマラソン(栃木県)

何故この大会は卓越しているのか、ひとえに心がこもっているから

出場種目: フルマラソン 

何故この大会は毎年、大会100撰上位なのか。ひとえに心がこもっているから。某マンモス大会を悪く言うつもりはないが、年に1回のマラソン大会のために、万が一の降雨可能性対策として常設の堅牢な更衣室用建物を建設する訳にはいかない。大会運営側の予算は無尽蔵にある訳ではなく、ごく一部の練習不足・たかり症ランナーのために至れり尽くせりのおもてなし等出来るはずもないし、する必要もない。ところが、本大会は1万人プールの施設を流用しているので、更衣スペースは確保されているし、混み合うロッカー付近を回避したいランナーは公園やプール敷地を利用することも可能だ。手荷物預けはコインロッカーを活用し、ロッカー代として利用者には100円硬貨を配布。入りきらない荷物は手荷物預かり所に預けることも可。そして給水。公式箇所の他に私設エイドも充実。見ず知らずのランナーを支える心なしに容易に出来ることではない。大きないちごは富士登山競走時のレモン同様、息を吹き返すのに役立った。11.5km近辺のお守り配布も細やかな気配りの表れ。地域住民の真心を感じる。定員が適正規模なので道幅が狭い箇所でもストレスに感じることはない。

このレポートは参考になった

2

不適切なレポートとして報告する

■総合評価

全体の感想
  • 次回大会の参加 A
  • 参加料に見合った大会 A
  • スタッフ、ボランティア A
会場
  • 会場へのアクセス A
  • スムーズな誘導、受付 A
  • トイレ、荷物預かり、更衣室 A
スタート、コース、フィニッシュ
  • 楽しめるコース設定 A
  • 参加人数に見合ったコース A
  • コースの安全管理 A
  • 距離表示、コース誘導 A
  • コース上の給水 A
記録、表彰
  • ネットタイム計測 A
  • 記録計測、記録配信サービスの充実 B
  • 充実した年代別表彰 A
インフォメーション
  • 分かりやすい大会情報、参加案内 A
  • 大会HPの更新 A

96.0

■大会特色ポイント

大会らしさ、大会の特色
  • 地元への浸透 A
  • 会場の盛り上がり A
  • 特色あるエイドステーション A
  • 参加賞のオリジナリティ B
  • エコ、環境保護 A
  • 大会独自の取り組み、地元色 A
    給水は公式の他、私設エイドが充実。いちごの日本一の生産地らしく、給食にいちごがあった。トレも大きく食べ応えがあり、いちごを食べたら急速に体力を回復出来た。ちょうど、富士登山競走出場時のレモンのように、息を吹き返せた。地場産出品で文字通りランナーのためになる給食となっており、大満足。
大会特色ポイント
4.8 pt

■大会のおすすめポイント

次回大会参加者へのアドバイス

2年前に出場時、JAのいちご販売は、レース後にはレース前に予約済ランナーの取り置き分しか残っていず、完売。このため今年はレース前にJAテントに立ち寄ったのだが、その時点では販売開始前。レース後に立ち寄ったら、JAスタッフは皆引上げ、テントはもぬけの殻。ただしレース前にJAスタッフには会場から歩いて5分の位置にあるJAはが野の直売所「あぐ里っ娘」でも同じものを売っているとの話を聞いていたので、同店舗で購入。ひょっとすると、朝の物販スタッフは「あぐ里っ娘」前で他のJAスタッフと共に応援に回っていたのかも。また、プール常設の温水シャワーは無料で使えるので便利。一方、温泉に浸かりたければ、会場から歩いて5分「あぐ里っ娘」の手前に真岡井頭温泉があり、ランナーは100円割引で利用可能。大会会場にはランナー向けにとん汁無料サービスがあるが、他の物販はそれ程多くないので、特に宇都宮駅からのシャトルバス利用者は割り切って駅東口の餃子店舗で遅い昼食を摂るのもよいだろう。最後に高低差80mは気にしなくてよい。15~19kmにかけて55mの上りがあるが、徐々に上るので大して負担に感じない。

私はランネットでエントリーしています。 マナーと大会運営向上提言 さん(6819500) 2019年12月15日 19時15分

このレポートは参考になった

2

マナーと大会運営向上提言 さんのその他のレポート

大会ランキング(種目・フルマラソン)

順位 評価平均点 大会名
1 93.8点 第12回 徳島・海陽 究極の清流 海部川風流マラソン (徳島県)
2 92.4点 第58回愛媛マラソン (愛媛県) 参加者7千人以上
3 89.3点 第69回 別府大分毎日マラソン (大分県)
4 86.2点 北九州マラソン2020 (福岡県) 参加者7千人以上
5 85.4点 第68回勝田全国マラソン (茨城県) 参加者7千人以上