レポーター情報

マナーと大会運営向上提言

全投稿件数 59
全参考になった数 767
「参考になった」指数
ニックネーム マナーと大会運営向上提言
性別 <非公開>
年代 <非公開>
昨年の大会出場数 <非公開>
自己ベスト <非公開>
ランニング趣向性 <非公開>
自己PR <非公開>

※「参考になった」指数は、直近3年間の各レポーターの平均「参考になった」数(「参考になった」獲得総数/投稿件数)を全体の中で指数化し、5つ星で表したものです。

大会レポート

2019年9月29日

第7回 榛名湖マラソン(群馬県)

高低差78mの急坂の他、1周3度の坂を5周半上る周回コース

出場種目: フルマラソン 

大会前に送付の「参加案内」の項目:給水所・エイドステーションには、赤字で「*給水所・エイドステーションでは急停止、一度通過してからの逆走、長時間の滞在などの行為はおやめください。*マナーを守り、周囲のランナーに気を配りながらご利用ください。」と記してあるし、大会当日には左記注意喚起の放送もしていた。大会運営側は最大限の注意を払い、ランナー向けに啓蒙活動を行っているが、そんなことには気が回らない逆走ランナーや、追越時に縫うように抜くので腕がぶつかる残念なランナーも居る。サブ330程度のランナーでも2周目からは周回遅れのランナーを抜くが、4周目ともなると周回遅れのランナーが給水所に溜まっていて混雑。悪気はないと思いたいが、速いランナーの行く手を遮っているのは紛れもない事実で、走る気が失せる。速いランナー向けに右側に給水所が用意されている箇所もあるが、総てではないし、小さな机に水とスポドリを一緒に置いているので走りながら取るのには不向き。そして何と言っても高低差78mの急坂がランナーの体力を奪う。とにかく疲れるコースだ。

このレポートは参考になった

0

不適切なレポートとして報告する

■総合評価

全体の感想
  • 次回大会の参加 B
  • 参加料に見合った大会 A
  • スタッフ、ボランティア B
会場
  • 会場へのアクセス C
  • スムーズな誘導、受付 B
  • トイレ、荷物預かり、更衣室 A
スタート、コース、フィニッシュ
  • 楽しめるコース設定 B
  • 参加人数に見合ったコース A
  • コースの安全管理 A
  • 距離表示、コース誘導 C
  • コース上の給水 D
記録、表彰
  • ネットタイム計測 A
  • 記録計測、記録配信サービスの充実 B
  • 充実した年代別表彰 B
インフォメーション
  • 分かりやすい大会情報、参加案内 B
  • 大会HPの更新 B

60.5

■大会特色ポイント

大会らしさ、大会の特色
  • 地元への浸透 B
  • 会場の盛り上がり B
  • 特色あるエイドステーション B
  • 参加賞のオリジナリティ B
  • エコ、環境保護 B
  • 大会独自の取り組み、地元色 B
大会特色ポイント
3.8 pt

■大会のおすすめポイント

私はランネットでエントリーしています。 マナーと大会運営向上提言 さん(6819500) 2019年9月30日 23時46分

このレポートは参考になった

0

マナーと大会運営向上提言 さんのその他のレポート

大会ランキング(種目・フルマラソン)

順位 評価平均点 大会名
1 93.7点 第12回 徳島・海陽 究極の清流 海部川風流マラソン (徳島県)
2 92.4点 第58回愛媛マラソン (愛媛県) 参加者7千人以上
3 89.3点 第69回 別府大分毎日マラソン (大分県)
4 86.1点 北九州マラソン2020 (福岡県) 参加者7千人以上
5 85.4点 第68回勝田全国マラソン (茨城県) 参加者7千人以上