レポーター情報

kamsky

全投稿件数 43
全参考になった数 41
「参考になった」指数
ニックネーム kamsky
性別 <非公開>
年代 <非公開>
昨年の大会出場数 <非公開>
自己ベスト <非公開>
ランニング趣向性 <非公開>
自己PR <非公開>

※「参考になった」指数は、直近3年間の各レポーターの平均「参考になった」数(「参考になった」獲得総数/投稿件数)を全体の中で指数化し、5つ星で表したものです。

大会レポート

2019年10月20日

第25回四万十川ウルトラマラソン(高知県)

人気なのも十分納得、満足度の非常に高い大会。

出場種目: ウルトラマラソン 

運営や応援してくださった皆様、ありがとうございました。本当に楽しい一日でした。
■運営
・更衣室は体育館または教室。雨や寒い日にはとても嬉しいだろう
・平均2.5kmおきにあるエイド。後半苦しい中ちょうどよい目標になる
・レストステーションでのスムーズな荷物受け渡し
・ジェルのキャップが緩めてある!
・ゴール後の対応は最高。一人ずつ椅子まで案内、チップ外し、ドリンクとアミノバイタルは封が切ってある!、おまけにアイシングの氷!!。感動的
・ゴール後の休憩場所の体育館はクッションフロアになっていた。この日のためだとしたら大感動!!!
■コース
・後半は下り基調ではあるもののアップダウンが結構あり、疲れた脚にはじわじわ来ます
・四万十川や山々の景色は最高。辛さを紛らわせられます
・日陰も多く体力温存に役立った
・10時過ぎにどこからかラジオ体操が聞こえてきて、なんだか元気が出た (^o^)
■唯一改善が望まれる点
・61kmのレストステーション以外特色のあるエイド食がない。個人的には地元色のあるエイドメニューも楽しみの一つなので、可能な範囲で検討してほしい。

このレポートは参考になった

0

不適切なレポートとして報告する

■総合評価

全体の感想
  • 次回大会の参加 A
  • 参加料に見合った大会 A
  • スタッフ、ボランティア A
会場
  • 会場へのアクセス B
  • スムーズな誘導、受付 A
  • トイレ、荷物預かり、更衣室 A
スタート、コース、フィニッシュ
  • 楽しめるコース設定 A
  • 参加人数に見合ったコース B
  • コースの安全管理 B
  • 距離表示、コース誘導 A
  • コース上の給水 A
記録、表彰
  • ネットタイム計測 A
  • 記録計測、記録配信サービスの充実 A
  • 充実した年代別表彰 A
インフォメーション
  • 分かりやすい大会情報、参加案内 A
  • 大会HPの更新 A

91.5

■大会特色ポイント

大会らしさ、大会の特色
  • 地元への浸透 A
  • 会場の盛り上がり B
  • 特色あるエイドステーション B
  • 参加賞のオリジナリティ B
  • エコ、環境保護 B
  • 大会独自の取り組み、地元色 A
    他に比べられないくらいランナーのことをよく考えて運営されています。細かいことですが、エイドでジェルのキャップが緩められているとか、ゴール後の対応とか。今まで参加者の声に真摯に対応してきたことがうかがわれます。
大会特色ポイント
4.2 pt

■大会のおすすめポイント

次回大会参加者へのアドバイス

・公式の高低図では現れないアップダウンがあるので心してかかること(パンフレットの解像度に均すと嘘ではないが...)
・エイドは十分。固形物が食べられるタイプなら自前の補給食は要らないかも

私はランネットでエントリーしています。 kamsky さん 2019年10月23日 22時50分

このレポートは参考になった

0

kamsky さんのその他のレポート

大会ランキング(種目・フルマラソン)

順位 評価平均点 大会名
1 94.9点 オホーツク網走マラソン2022 (北海道)
2 94.5点 第5回日本最北端わっかない平和マラソン2022 (北海道)
3 91.8点 第39回カーター記念黒部名水マラソン (富山県) 参加者7千人以上
3 91.8点 第24回長野マラソン (長野県) 参加者7千人以上
5 85.6点 2022函館マラソン (北海道) 参加者7千人以上