レポーター情報

Jun

全投稿件数 51
全参考になった数 109
「参考になった」指数
ニックネーム Jun
性別 <非公開>
年代 <非公開>
昨年の大会出場数 <非公開>
自己ベスト <非公開>
ランニング趣向性 <非公開>
自己PR <非公開>

※「参考になった」指数は、直近3年間の各レポーターの平均「参考になった」数(「参考になった」獲得総数/投稿件数)を全体の中で指数化し、5つ星で表したものです。

大会レポート

2019年9月14日 ~ 16日

信越五岳トレイルランニングレース2019〜パタゴニアCUP〜/Shinetsu Five Mountains Trail 100mile/110km(新潟県)

早くリタイヤすると大変(100マイル)

出場種目: トレイル 

55Kのエイドで午前3時半頃にリタイヤ申告しました。

そこからスタート地点へ戻るバスの初便が5時半で、それは仕方ないとして、バスが飯綱高原に着いたのが7時40分過ぎ。問題はそこに事務局の方が誰もいないことで、荷物の受け取りはどうなるのか、宿への送迎は本当に17時まで待つのか等々疑問だらけで長時間放置されました。

結局、11時に送迎バスの臨時便が出ましたが、宿に着いたのが12時半、実にリタイヤ申告から9時間かかりました。

リタイヤ者向けバスの初便が飯綱高原に8時前後に着くことは分かっていたはずですが、その後の運営がお粗末です。後泊を必須にするなら、その辺りの改善が必要です(事務局にも要望を出しました)。

また、多数の利害関係者に配慮するあまり(想像ですが)、スタートと荷物預け、ゴールと宿泊、宿泊と表彰式がそれぞれ離れているのは(公共交通機関で参加している)参加者ファーストではないと感じました。

コースの走りやすさやエイド、ボランティアの方々の働きぶりについては、申し分ないです。あとは参加費用が高額なので、収支を公開してもらえると、納得感が出ると思います。

このレポートは参考になった

2

不適切なレポートとして報告する

■総合評価

全体の感想
  • 次回大会の参加 B
  • 参加料に見合った大会 C
  • スタッフ、ボランティア A
会場
  • 会場へのアクセス C
  • スムーズな誘導、受付 B
  • トイレ、荷物預かり、更衣室 D
スタート、コース、フィニッシュ
  • 楽しめるコース設定 A
  • 参加人数に見合ったコース A
  • コースの安全管理 A
  • コース誘導 A
  • コース上の給水 A
記録、表彰
  • 記録計測、記録配信サービスの充実 A
  • 充実した年代別表彰 B
インフォメーション
  • 装備品の明示 A
  • 分かりやすい大会情報、参加案内 B
  • 大会HPの更新 B

69.5

■大会特色ポイント

大会らしさ、大会の特色
  • 地元への浸透 B
  • 会場の盛り上がり A
  • 特色あるエイドステーション B
  • 参加賞のオリジナリティ B
  • エコ、環境保護 A
  • 大会独自の取り組み、地元色 B
大会特色ポイント
4.2 pt

■大会のおすすめポイント

私はランネットでエントリーしています。 Jun さん 2019年9月17日 14時22分

このレポートは参考になった

2

Jun さんのその他のレポート

大会ランキング(種目・フルマラソン)

順位 評価平均点 大会名
1 93.6点 熊本城マラソン2024 (熊本県) 参加者7千人以上
2 93.0点 フラの街 いわきを翔ける 風になれ!第15回いわきサンシャインマラソン (福島県) 参加者7千人以上
3 92.9点 第62回延岡西日本マラソン (宮崎県)
4 91.5点 第61回愛媛マラソン (愛媛県) 参加者7千人以上
5 91.3点 鹿児島マラソン2024 (鹿児島県) 参加者7千人以上