レポーター情報

ニックネーム未登録

全投稿件数 3
全参考になった数 1
「参考になった」指数
ニックネーム
性別 <非公開>
年代 <非公開>
昨年の大会出場数 <非公開>
自己ベスト <非公開>
ランニング趣向性 <非公開>
自己PR <非公開>

※「参考になった」指数は、直近3年間の各レポーターの平均「参考になった」数(「参考になった」獲得総数/投稿件数)を全体の中で指数化し、5つ星で表したものです。

大会レポート

2019年9月14日 ~ 16日

信越五岳トレイルランニングレース2019〜パタゴニアCUP〜/Shinetsu Five Mountains Trail 100mile/110km(新潟県)

コースは良いけど、運営が、、、

出場種目: トレイル 

3年ぶりの参加ですが、100マイルコースが出来てからオペレーションが複雑になり運営に問題が出てきているように思えます。
宿泊場所とスタート、ゴール地点が離れており、移動に大会側が用意したバスに乗る必要があります。バスの配車がスムーズであれば問題ないのですが、慢性的に遅れます。110kでは、バスの到着がスタートに間に合わず時間変更になりました
ドロップバッグの預け場所がスタート会場と離れていたり、レース後の引き取りも翌日の表彰式のみです。表彰式会場キャパと人員が不足しており、バッグの引き取りの入場制限をするほどでした。
ボランティアの大半は長時間頑張っています。ただ、中には大会側が設定したと思われるルールに縛られて、選手への対応が横柄になっている人も見受けられました。(例えばコーラはカップ1杯分に制限)
地域振興という理想を掲げているのはわかりますが、スポンサー撤退の予算不足、人員不足のしわ寄せがボランティアスタッフにきているように見えます。
大会プロデューサーは自らコース整備等を汗を流しているとのことですが、大会運営に必要な予算の確保といった根本的な問題を解決してほしいです。

このレポートは参考になった

1

不適切なレポートとして報告する

■総合評価

全体の感想
  • 次回大会の参加 C
  • 参加料に見合った大会 C
  • スタッフ、ボランティア B
会場
  • 会場へのアクセス D
  • スムーズな誘導、受付 C
  • トイレ、荷物預かり、更衣室 B
スタート、コース、フィニッシュ
  • 楽しめるコース設定 A
  • 参加人数に見合ったコース B
  • コースの安全管理 B
  • コース誘導 A
  • コース上の給水 C
記録、表彰
  • 記録計測、記録配信サービスの充実 B
  • 充実した年代別表彰 B
インフォメーション
  • 装備品の明示 B
  • 分かりやすい大会情報、参加案内 D
  • 大会HPの更新 D

39.0

■大会特色ポイント

大会らしさ、大会の特色
  • 地元への浸透 B
  • 会場の盛り上がり B
  • 特色あるエイドステーション B
  • 参加賞のオリジナリティ B
  • エコ、環境保護 B
  • 大会独自の取り組み、地元色 B
大会特色ポイント
3.8 pt

■大会のおすすめポイント

次回大会参加者へのアドバイス

リピーターの人も多く、人気の大会ですが、反面、初心者や初参加者にはわかりにくい大会運営です。また、常連の人達のある種のコミュニティーがあり内輪感も強いです。
コミュニティーにうまく入っていくことが出来れば、とても心地よい大会です。

私はランネットでエントリーしています。 ニックネーム未登録 さん 2019年9月17日 15時19分

このレポートは参考になった

1

ニックネーム未登録 さんのその他のレポート

大会ランキング(種目・フルマラソン)

順位 評価平均点 大会名
1 94.1点 第41回カーター記念黒部名水マラソン (富山県) 参加者7千人以上
2 93.6点 熊本城マラソン2024 (熊本県) 参加者7千人以上
3 93.0点 フラの街 いわきを翔ける 風になれ!第15回いわきサンシャインマラソン (福島県) 参加者7千人以上
4 92.9点 第62回延岡西日本マラソン (宮崎県)
5 91.5点 第61回愛媛マラソン (愛媛県) 参加者7千人以上