レポーター情報

ラン子

全投稿件数 52
全参考になった数 5579
「参考になった」指数
ニックネーム ラン子
性別 女性
年代 <非公開>
昨年の大会出場数
自己ベスト
ランニング趣向性
自己PR  人類の進化の歴史は、人間が長距離ランナーとして進化したことを教えてくれる。しかし人間は文明の発達とともに走る生活をやめてしまった。その結果、現代人は生活習慣病に悩まされることになった。
 走ることは人間の本質に根差した最も基本的な運動である。走ることによって人間の生きる喜び、生き生きとした生活を取り戻そう。

※「参考になった」指数は、直近3年間の各レポーターの平均「参考になった」数(「参考になった」獲得総数/投稿件数)を全体の中で指数化し、5つ星で表したものです。

大会レポート

2019年10月6日

第31回会津若松市鶴ヶ城ハーフマラソン(福島県)

子供や家族連れが多くて楽しい大会

出場種目: ハーフマラソン 

初参加です。そもそも福島県に来たのが初めてです。
大会ホームページで紹介しているツアーを利用して、ハーフに参加しました。スタート直後は緩い下りです。距離表示は1キロごと(ボランティアがプラカードを持って立っている)、ただし、タイム計測は10キロ地点のみで、5キロごとのタイム計測はありません。コースは後半に跨線橋が2箇所ありますが、鶴ヶ城を通るなど、楽しめるようになっています。ゴールが陸上競技場のトラックなのも気分のいいところです。
さて、レースを終えた後は、協賛ブースがおすすめです。今までいくつもの大会に参加してきましたが、地方の大会で企業の協賛ブースがこんなにたくさんあって、試飲や試食品を沢山提供しているのは初めてでした。うどん、から揚げ、お茶、濃厚トマトジュース、アイス、アップルパイなどをいただきました。これらは選手に関係なく誰でももらえるので、家族連れで大変にぎわっていました。あるお母さんがお昼はここで食べていくと言っていたのが印象に残っています。

このレポートは参考になった

0

不適切なレポートとして報告する

■総合評価

全体の感想
  • 次回大会の参加 B
  • 参加料に見合った大会 B
  • スタッフ、ボランティア A
会場
  • 会場へのアクセス A
  • スムーズな誘導、受付 B
  • トイレ、荷物預かり、更衣室 B
スタート、コース、フィニッシュ
  • 楽しめるコース設定 A
  • 参加人数に見合ったコース B
  • コースの安全管理 B
  • 距離表示、コース誘導 B
  • コース上の給水 B
記録、表彰
  • ネットタイム計測 A
  • 記録計測、記録配信サービスの充実 B
  • 充実した年代別表彰 B
インフォメーション
  • 分かりやすい大会情報、参加案内 B
  • 大会HPの更新 B

62.0

■大会特色ポイント

大会らしさ、大会の特色
  • 地元への浸透 A
  • 会場の盛り上がり A
  • 特色あるエイドステーション B
  • 参加賞のオリジナリティ A
  • エコ、環境保護 A
  • 大会独自の取り組み、地元色 A
    こづゆのふるまい、協賛企業のブースが多いこと。
大会特色ポイント
4.8 pt

■大会のおすすめポイント

次回大会参加者へのアドバイス

会津若松駅前から会場まで、シャトルバスで待ち時間を含めて、30分くらいを見ていたらよいでしょう。
ツアーで宿泊したホテルで温泉入浴券をもらいました。ホテルのすぐ近くに日帰り温泉があります。

ラン子 さん(183718) 2019年10月8日 17時7分

このレポートは参考になった

0

ラン子 さんのその他のレポート

大会ランキング(種目・フルマラソン)

順位 評価平均点 大会名
1 88.0点 第40回館山若潮マラソン (千葉県) 参加者7千人以上
2 87.2点 第68回勝田全国マラソン (茨城県) 参加者7千人以上
3 76.7点 第39回いぶすき菜の花マラソン (鹿児島県) 参加者7千人以上
4 62.1点 第22回木曽三川マラソン (岐阜県)
5 53.8点 第21回ハイテクハーフマラソン (東京都) 参加者7千人以上