レポーター情報

RunTazzo

全投稿件数 19
全参考になった数 49
「参考になった」指数
ニックネーム RunTazzo
性別 <非公開>
年代 <非公開>
昨年の大会出場数 4
自己ベスト フルマラソン 3:00:45(ネット)北海道マラソン2022
ランニング趣向性 楽しく走る
自己PR

※「参考になった」指数は、直近3年間の各レポーターの平均「参考になった」数(「参考になった」獲得総数/投稿件数)を全体の中で指数化し、5つ星で表したものです。

大会レポート

2019年12月8日

第5回さいたま国際マラソン(埼玉県)

地元愛にあふれる大会でした

出場種目: フルマラソン 

2度目の参加
アクセス最高。手荷物検査もサクサク。着替えもでストレスなし。トイレは並ぶがウォシュレットで快適。動線が改善され余裕持って整列。直前までアリーナ内なので寒さもない。
Eブロックでロス12分。グロスは狙えない。コースは都市部から郊外までを往復するため飽きがこない。
給水は長く余裕がある。後半組だと給水が間に合っていない地点もあったが速く走る人たちには十分あると思われる
特筆すべきはボランティアさんたちの応援。できる限りランナー一人一人に対して声援を送ってくれる。復路になると声を枯らしての応援になり、これが大きな力に。
エイドも地元さいたまの名菓がたっぷりで大満足。エイドでお腹いっぱいに。
タオルもメダルもおしゃれで、フィニッシュ後の動線も去年よりはるかに楽に。いろいろ改善されている。
ストレスなし、給水十分、エイド大満足、熱い応援とフレンドリーなボランティア。マラソンを楽しむためのポイントがハイレベルで満たされていて抽選もクリック合戦もないのは不思議な気が。アクセスの容易さを考えると参加費も全く高くない。
もっと評価されていい大会だと思う

このレポートは参考になった

3

不適切なレポートとして報告する

■総合評価

全体の感想
  • 次回大会の参加 A
  • 参加料に見合った大会 A
  • スタッフ、ボランティア A
会場
  • 会場へのアクセス A
  • スムーズな誘導、受付 A
  • トイレ、荷物預かり、更衣室 B
スタート、コース、フィニッシュ
  • 楽しめるコース設定 A
  • 参加人数に見合ったコース B
  • コースの安全管理 A
  • 距離表示、コース誘導 A
  • コース上の給水 B
記録、表彰
  • ネットタイム計測 A
  • 記録計測、記録配信サービスの充実 A
  • 充実した年代別表彰 A
インフォメーション
  • 分かりやすい大会情報、参加案内 A
  • 大会HPの更新 A

91.5

■大会特色ポイント

大会らしさ、大会の特色
  • 地元への浸透 A
  • 会場の盛り上がり A
  • 特色あるエイドステーション A
  • 参加賞のオリジナリティ A
  • エコ、環境保護 B
  • 大会独自の取り組み、地元色 A
    地元さいたまの名菓
大会特色ポイント
4.8 pt

■大会のおすすめポイント

次回大会参加者へのアドバイス

男子トイレは行列していても小はガラ空きのことが多い。
フィニッシュ後は通路で着替えるのでシートがあると清潔。
完走証にファイルケースなし。
給水は十分にある。
コースは高低差500m程度。ネットタイム狙うなら坂ダッシュやトレイルでトレーニングを。

私はランネットでエントリーしています。 RunTazzo さん 2019年12月11日 15時44分

このレポートは参考になった

3

RunTazzo さんのその他のレポート

大会ランキング(種目・フルマラソン)

順位 評価平均点 大会名
1 81.5点 第70回勝田全国マラソン (茨城県) 参加者7千人以上
2 80.5点 第43回館山若潮マラソン (千葉県) 参加者7千人以上
3 78.3点 第71回 別府大分毎日マラソン大会 (大分県)
4 76.3点 第40回いぶすき菜の花マラソン (鹿児島県) 参加者7千人以上
5 68.2点 第41回瀬戸内海タートル・フルマラソン全国大会 (香川県)