レポーター情報

バナナ

全投稿件数 1
全参考になった数 18
「参考になった」指数
ニックネーム バナナ
性別 <非公開>
年代 <非公開>
昨年の大会出場数 <非公開>
自己ベスト <非公開>
ランニング趣向性 <非公開>
自己PR <非公開>

※「参考になった」指数は、直近3年間の各レポーターの平均「参考になった」数(「参考になった」獲得総数/投稿件数)を全体の中で指数化し、5つ星で表したものです。

大会レポート

2019年11月23日

第32回大田原マラソン(栃木県)

来年以降も開催を強く望みます。

出場種目: フルマラソン 

3年連続3回目、神奈川県からの参加です。フルは延べ19回目ですが、今回初めて、投稿したいという思いに駆られました。それは、来年以降も開催継続を望むからに他なりません。

大会の運営面については、何をとっても不満はなく、高度なノウハウが蓄積、継承されています。スタッフやボランティアの方々の温かいおもてなしには、本当に頭が下がります。

そして、本大会特有の制限時間、難コース等々に挑み、真剣に走りたいと集まるランナーの面々が、最高に走りやすい環境を醸成しています。

沿道の応援も熱がこもっており、苦しいレース終盤での声援には、目が潤みました。

無事完走、PBも達成できた喜びに浸りながらなめこ汁をすすっていたところ、来年から3年に亘り本大会を休止との市の方針を耳にし、大変なショックでした。

どうか、こんなに素晴らしい大会を休止しないで下さい!

何か大会継続に向けてできることはないかと、筆をとりました。本大会が提供するサービスは、参加費を例えば数千円値上げしても、参加者の大多数は納得するものと信じます。また、ささやかながら、ふるさと納税で応援しようかと思います。

このレポートは参考になった

18

不適切なレポートとして報告する

■総合評価

全体の感想
  • 次回大会の参加 A
  • 参加料に見合った大会 A
  • スタッフ、ボランティア A
会場
  • 会場へのアクセス A
  • スムーズな誘導、受付 A
  • トイレ、荷物預かり、更衣室 A
スタート、コース、フィニッシュ
  • 楽しめるコース設定 A
  • 参加人数に見合ったコース A
  • コースの安全管理 A
  • 距離表示、コース誘導 A
  • コース上の給水 A
記録、表彰
  • ネットタイム計測 A
  • 記録計測、記録配信サービスの充実 A
  • 充実した年代別表彰 A
インフォメーション
  • 分かりやすい大会情報、参加案内 A
  • 大会HPの更新 A

100.0

■大会特色ポイント

大会らしさ、大会の特色
  • 地元への浸透 A
  • 会場の盛り上がり A
  • 特色あるエイドステーション A
  • 参加賞のオリジナリティ A
  • エコ、環境保護 A
  • 大会独自の取り組み、地元色 A
大会特色ポイント
5.0 pt

■大会のおすすめポイント

私はランネットでエントリーしています。 バナナ さん 2019年11月25日 23時47分

このレポートは参考になった

18

バナナ さんのその他のレポート

大会ランキング(種目・フルマラソン)

順位 評価平均点 大会名
1 91.7点 第39回カーター記念黒部名水マラソン (富山県) 参加者7千人以上
2 91.6点 第24回長野マラソン (長野県) 参加者7千人以上
3 83.5点 ランナーズフルマラソンチャレンジ2022 in 国営昭和記念公園 (東京都)
4 81.7点 ランナーズフルマラソンチャレンジ2022 in 大阪 (大阪府)
5 80.7点 第6回 JAL 向津具(むかつく)ダブルマラソン (山口県)