レポーター情報

マナーと大会運営向上提言

全投稿件数 59
全参考になった数 772
「参考になった」指数
ニックネーム マナーと大会運営向上提言
性別 <非公開>
年代 <非公開>
昨年の大会出場数 <非公開>
自己ベスト <非公開>
ランニング趣向性 <非公開>
自己PR <非公開>

※「参考になった」指数は、直近3年間の各レポーターの平均「参考になった」数(「参考になった」獲得総数/投稿件数)を全体の中で指数化し、5つ星で表したものです。

大会レポート

2019年11月17日

第9回神戸マラソン(兵庫県)

マナーアップ啓蒙事務局、立派なボランティアと、残念なランナー

出場種目: フルマラソン 

大会事務局はマナーアップ啓蒙のための標語を作成し、大会HPに掲載、整列前から放送で強調。「世界一」ランナーマナーのよい大会を目指し、整列前からボランティアがゴミ袋を持って大会会場を練り歩きポイ捨て禁止を奨励。そこまでされれば大抵のランナーは従うもの。でもね、Aブロック前から5番目右端に居た大阪国際女子マラソン出場権利保有者の赤いポンチョの女子2名は、「しあわせ運べるように」の合唱の最中に、テープが張られた障壁から右側の店舗へ用を足しに抜け出し、再び列に戻って来た。私はレース中の多くの時間を3時間10分のペースセッター軍団で過ごしたが、その程度のランナーでも給水台に沿ってゆっくり歩くランナーも居た。また、25km過ぎだったか、コースの反対側は既に関門規制によってランナーが居ない状態だが、何とHブロックのナンバーカードを付け、足を引きずりながら走る黄緑色のウエアを着た老人ランナーを追い越した。折返し地点まで走らずに勝手に折り返すキセルランナーに他ならない。人間としての常識破り、競技規則違反、マナー違反…。大会側が弛まぬ努力とどんなに優れた運営をしても、こんなランナーの完全排除は難しい。

このレポートは参考になった

1

不適切なレポートとして報告する

■総合評価

全体の感想
  • 次回大会の参加 A
  • 参加料に見合った大会 A
  • スタッフ、ボランティア A
会場
  • 会場へのアクセス A
  • スムーズな誘導、受付 A
  • トイレ、荷物預かり、更衣室 A
スタート、コース、フィニッシュ
  • 楽しめるコース設定 A
  • 参加人数に見合ったコース A
  • コースの安全管理 A
  • 距離表示、コース誘導 A
  • コース上の給水 A
記録、表彰
  • ネットタイム計測 A
  • 記録計測、記録配信サービスの充実 A
  • 充実した年代別表彰 A
インフォメーション
  • 分かりやすい大会情報、参加案内 A
  • 大会HPの更新 A

100.0

■大会特色ポイント

大会らしさ、大会の特色
  • 地元への浸透 A
  • 会場の盛り上がり A
  • 特色あるエイドステーション A
  • 参加賞のオリジナリティ A
  • エコ、環境保護 A
  • 大会独自の取り組み、地元色 A
    とにかく沿道の応援がすごい。ナンバーカードにニックネームの記載も可能なので、観衆がニックネームや、ランニングウエア記載の団体名で応援する。とても有り難いし、見て戴いているのだとの思いを痛感する。
大会特色ポイント
5.0 pt

■大会のおすすめポイント

次回大会参加者へのアドバイス

大会HPから申込可能な宿泊予約は、神戸市内・食事なしで、軒並み12,000円以上20,000円程度。外国人観光客も多く混み合っているとのことだが、高過ぎるでしょう。私にとっては予算超過なので、止む無く神戸市内のカプセルホテルに宿泊。それでも、朝食込9,100円。マラソン大会と直接関係のないことと大会事務局は言うのかもしれないが、何とかなりませんか。また、神戸マラソンの年代別チャレンジ枠は定員2,000名のダブル抽選方式。一方、大阪マラソンの市民アスリート枠は定員2,000名で、一般応募前に先着順で募集なので、多少のクリック合戦はあるものの、出場を先に決められる点が優れている。神戸マラソンもダブル抽選ではなく、大阪のように先着順を採用して欲しい。仮に先着順のクリック合戦に敗れたとしても、一般応募の抽選(定員割れは先ずあり得ない)に臨めるのだから。

私はランネットでエントリーしています。 マナーと大会運営向上提言 さん(6819500) 2019年11月19日 0時26分

このレポートは参考になった

1

マナーと大会運営向上提言 さんのその他のレポート

大会ランキング(種目・フルマラソン)

順位 評価平均点 大会名
1 93.7点 第12回 徳島・海陽 究極の清流 海部川風流マラソン (徳島県)
2 92.3点 第58回愛媛マラソン (愛媛県) 参加者7千人以上
3 89.3点 第69回 別府大分毎日マラソン (大分県)
4 86.1点 北九州マラソン2020 (福岡県) 参加者7千人以上
5 85.4点 第68回勝田全国マラソン (茨城県) 参加者7千人以上