レポーター情報

ニックネーム未登録

全投稿件数 43
全参考になった数 43
「参考になった」指数
ニックネーム
性別 <非公開>
年代 <非公開>
昨年の大会出場数 <非公開>
自己ベスト <非公開>
ランニング趣向性 <非公開>
自己PR <非公開>

※「参考になった」指数は、直近3年間の各レポーターの平均「参考になった」数(「参考になった」獲得総数/投稿件数)を全体の中で指数化し、5つ星で表したものです。

大会レポート

2019年9月22日

第38回一関国際ハーフマラソン(岩手県)

シーズンインの大会として最適です

出場種目: ハーフマラソン 

今年で3年目の参加です。昨年の暑さを踏まえてか、2キロごとに給水所が増設されたほか、昨年までと同様に、出店などで使える500円の金券サッカー場をアップ場として解放、温泉の無料券、スタート前のバナナや、麦茶、ゴール後のアイスなど、非常にコスパがいい大会でした。
基本的にフラットなコースで、今年のように気温が20度以下であれば、走りやすいコースです。橋の上り下りが2か所(折返しなので、計4回)すが、距離はさほどでもありません。参加人数も3000人程度なので、私が並んだ1時間50分のエリアからでもスタート位置までのロスタイムは1分程度でした。
要望をあげるとすれば、ネットタイムの計測かな。

夏の走り込みの成果を確認できるシーズンインの大会として来年も参加したいと思います

このレポートは参考になった

1

不適切なレポートとして報告する

■総合評価

全体の感想
  • 次回大会の参加 A
  • 参加料に見合った大会 A
  • スタッフ、ボランティア A
会場
  • 会場へのアクセス A
  • スムーズな誘導、受付 A
  • トイレ、荷物預かり、更衣室 B
スタート、コース、フィニッシュ
  • 楽しめるコース設定 B
  • 参加人数に見合ったコース A
  • コースの安全管理 A
  • 距離表示、コース誘導 B
  • コース上の給水 A
記録、表彰
  • ネットタイム計測 C
  • 記録計測、記録配信サービスの充実 B
  • 充実した年代別表彰 A
インフォメーション
  • 分かりやすい大会情報、参加案内 B
  • 大会HPの更新 C

71.5

■大会特色ポイント

大会らしさ、大会の特色
  • 地元への浸透 B
  • 会場の盛り上がり A
  • 特色あるエイドステーション B
  • 参加賞のオリジナリティ B
  • エコ、環境保護 A
  • 大会独自の取り組み、地元色 B
大会特色ポイント
4.2 pt

■大会のおすすめポイント

次回大会参加者へのアドバイス

フルマラソン前に調整する位置づけで参加するのもいいと思います。

私はランネットでエントリーしています。 ニックネーム未登録 さん 2019年9月22日 20時4分

このレポートは参考になった

1

ニックネーム未登録 さんのその他のレポート

大会ランキング(種目・フルマラソン)

順位 評価平均点 大会名
1 94.9点 オホーツク網走マラソン2022 (北海道)
2 94.5点 第5回日本最北端わっかない平和マラソン2022 (北海道)
3 91.9点 第24回長野マラソン (長野県) 参加者7千人以上
4 91.8点 第39回カーター記念黒部名水マラソン (富山県) 参加者7千人以上
5 89.3点 金沢マラソン2022 (石川県) 参加者7千人以上