レポーター情報

kazehikanai

全投稿件数 4
全参考になった数 3
「参考になった」指数
ニックネーム kazehikanai
性別
年代
昨年の大会出場数
自己ベスト
ランニング趣向性
自己PR

※「参考になった」指数は、直近3年間の各レポーターの平均「参考になった」数(「参考になった」獲得総数/投稿件数)を全体の中で指数化し、5つ星で表したものです。

大会レポート

2019年10月20日

第36回大町アルプスマラソン(長野県)

初フルマラソンは要注意。。。

出場種目: フルマラソン 

埼玉から初フルマラソンでチャレンジも、35キロ過ぎに突如足がつって走れない状態になり、残りを歩き通しての完走。アップダウンがきついと感じることはなく、順調に走れていたし、気力も体力もまだまだ元気だったが、足だけがついてこなかった。それだけ脚力を必要とするタフなコースなのかもしれない。参加人数もそれほどではなく、スタート前の誘導は良くも悪くもゆるく、曇りがちな天気で北アルプスの眺望はイマイチだったのが残念だったが、沿道の声援も温かく、エイドも送迎も含めて、非常にアットホームな雰囲気にあふれた大会で、この雰囲気だけでも参加した甲斐があった。リベンジするかは今後の走力の向上具合次第。

このレポートは参考になった

0

不適切なレポートとして報告する

■総合評価

全体の感想
  • 次回大会の参加 A
  • 参加料に見合った大会 A
  • スタッフ、ボランティア B
会場
  • 会場へのアクセス A
  • スムーズな誘導、受付 A
  • トイレ、荷物預かり、更衣室 A
スタート、コース、フィニッシュ
  • 楽しめるコース設定 A
  • 参加人数に見合ったコース A
  • コースの安全管理 B
  • 距離表示、コース誘導 B
  • コース上の給水 A
記録、表彰
  • ネットタイム計測 B
  • 記録計測、記録配信サービスの充実 B
  • 充実した年代別表彰 B
インフォメーション
  • 分かりやすい大会情報、参加案内 C
  • 大会HPの更新 C

69.0

■大会特色ポイント

大会らしさ、大会の特色
  • 地元への浸透 A
  • 会場の盛り上がり B
  • 特色あるエイドステーション A
  • 参加賞のオリジナリティ A
  • エコ、環境保護 B
  • 大会独自の取り組み、地元色 B
大会特色ポイント
4.4 pt

■大会のおすすめポイント

次回大会参加者へのアドバイス

フルマラソンは30キロ過ぎが壁だと思うが、それまでの足を使い果たしてしまいかねないタフなコース。初フルマラソンにはタフなコース。

私はランネットでエントリーしています。 kazehikanai さん 2019年10月22日 10時19分

このレポートは参考になった

0

kazehikanai さんのその他のレポート

大会ランキング(種目・フルマラソン)

順位 評価平均点 大会名
1 81.5点 第70回勝田全国マラソン (茨城県) 参加者7千人以上
2 80.5点 第43回館山若潮マラソン (千葉県) 参加者7千人以上
3 78.3点 第71回 別府大分毎日マラソン大会 (大分県)
4 76.3点 第40回いぶすき菜の花マラソン (鹿児島県) 参加者7千人以上
5 68.2点 第41回瀬戸内海タートル・フルマラソン全国大会 (香川県)