レポーター情報

マナーと大会運営向上提言

全投稿件数 59
全参考になった数 767
「参考になった」指数
ニックネーム マナーと大会運営向上提言
性別 <非公開>
年代 <非公開>
昨年の大会出場数 <非公開>
自己ベスト <非公開>
ランニング趣向性 <非公開>
自己PR <非公開>

※「参考になった」指数は、直近3年間の各レポーターの平均「参考になった」数(「参考になった」獲得総数/投稿件数)を全体の中で指数化し、5つ星で表したものです。

大会レポート

2019年7月26日

第72回富士登山競走(山梨県)

走れるうちに出場(でも山頂コース走破までは最低でも2年)

出場種目: トレイル 

フルマラソン重視の私が富士登山競走出場を決意したのは、走れるうちに出ておきたかったから。サブ3を果たせず加齢が進行するなか、せめて100Kマラソンや、本大会出場によってランナーとしての足跡を残しておきたいと思った。噂に違わず、歴史と伝統の本大会は、何より日本一の富士山を走破するところに大きな魅力がある。ただし、山頂コースの出場資格は、五合目コースを3時間30分の制限時間以内に走ったとしても、自動的に付与される訳ではなく、五合目関門(五合目ゴール)を2時間20分以内に走った実績を持つ者のみ。さらに、エントリー時のクリック合戦も激しい。実際の攻略法は山頂コースに出場したことがないので、五合目コースのことしか言えないが、やはり馬返しまでは突っ込んで登山道の混雑を少しでも軽減する戦略だろう。馬返し以降の登山道は道幅も狭く急なのでまともに走ることは出来ず、たまにある平らな箇所や道幅の広い箇所しか走れない。なお、他のランナーのブログ等を読むと、五合目コース2時間20分程度の走力では、山頂コース制限時間4時間30分以内のゴールはおぼつかないらしいが、今回五合目コースを走ってみてその意見に賛同する。

このレポートは参考になった

2

不適切なレポートとして報告する

■総合評価

全体の感想
  • 次回大会の参加 A
  • 参加料に見合った大会 C
  • スタッフ、ボランティア B
会場
  • 会場へのアクセス D
  • スムーズな誘導、受付 D
  • トイレ、荷物預かり、更衣室 B
スタート、コース、フィニッシュ
  • 楽しめるコース設定 A
  • 参加人数に見合ったコース B
  • コースの安全管理 A
  • コース誘導 A
  • コース上の給水 A
記録、表彰
  • 記録計測、記録配信サービスの充実 A
  • 充実した年代別表彰 A
インフォメーション
  • 装備品の明示 A
  • 分かりやすい大会情報、参加案内 D
  • 大会HPの更新 D

60.0

■大会特色ポイント

大会らしさ、大会の特色
  • 地元への浸透 B
  • 会場の盛り上がり B
  • 特色あるエイドステーション B
  • 参加賞のオリジナリティ B
  • エコ、環境保護 B
  • 大会独自の取り組み、地元色 B
大会特色ポイント
3.8 pt

■大会のおすすめポイント

次回大会参加者へのアドバイス

今年は事前受付が再開。地元に宿泊費と飲食費を落とす施策を、大会プログラムの14ページ「安全にレースを楽しむために」では、「高所順応をかねて、安全にレースを楽しんでいただけるよう、できるだけ前日から当地に宿泊して大会に参加されることをお勧めします。」と記してある。ごもっともな地域振興施策だが、何しろ地元はシャッターどころか一部アーケードの屋根すらない街並み。事前受付配布のクーポン使用可能飲食店も記載の時間帯に休業、夕食の場所探しに難儀。また、帰路富士山駅へのシャトルバスを利用しようとしたが、大会プログラム22ページ記載の地図では大会本部からバス乗場への道が分かりにくく、地図アレルギーのない私も迷った。さらにピストン輸送ではなく、閉会式が終了してランナーを一括して運びたいらしくなかなか出発せず。運転手に照会したが大会本部から上記事由で待ての指示あり、結局バス車内で待っていた10人が全員下車して富士山駅までの約1.4kmを歩くことに。「おもてな市富士吉田」の施策は所詮この程度のものだった。帰宅後見たHP記載の「富士吉田市民会館(本部・式典会場)へのアクセス」の方が分かり易かった。

私はランネットでエントリーしています。 マナーと大会運営向上提言 さん(6819500) 2019年7月27日 0時9分

このレポートは参考になった

2

マナーと大会運営向上提言 さんのその他のレポート

大会ランキング(種目・フルマラソン)

順位 評価平均点 大会名
1 93.7点 第12回 徳島・海陽 究極の清流 海部川風流マラソン (徳島県)
2 92.4点 第58回愛媛マラソン (愛媛県) 参加者7千人以上
3 89.3点 第69回 別府大分毎日マラソン (大分県)
4 86.1点 北九州マラソン2020 (福岡県) 参加者7千人以上
5 85.4点 第68回勝田全国マラソン (茨城県) 参加者7千人以上