レポーター情報

ここたいが

全投稿件数 112
全参考になった数 125
「参考になった」指数
ニックネーム ここたいが
性別 男性
年代 <非公開>
昨年の大会出場数 <非公開>
自己ベスト フルマラソン
G)3:22:42(201902京都)
N)3:22:21 (201902京都)
ハーフマラソン
G)1:30:34(201801大阪)
N)1:29:24 (201801大阪)
ランニング趣向性 <非公開>
自己PR ハーフ→フル→トレイル→ウルトラ→プチリタイア→ガチリタイア→ジョグ再開→レース復帰→ハーフ→2周目

※「参考になった」指数は、直近3年間の各レポーターの平均「参考になった」数(「参考になった」獲得総数/投稿件数)を全体の中で指数化し、5つ星で表したものです。

大会レポート

2019年6月2日

第4回六甲5ピークストレイルレース(兵庫県)

練習不足をヤマは許してくれない

出場種目: トレイル 

令和になってハーフ1回しか走ってない…しかも仕事の関係で5月後半ほぼ毎日呑みっぱなし…練習サボっててもトレイルは走れるのか?当日受付は阪急岡本駅そばだがスタート地点までの道がすでにかなりの勾配で嫌な予感…スターターのゲストが言うには前半9kmの登りを頑張れば走れるトレイル、ラスト3kmは根性で登れ、と。ますます嫌な予感…コースは六甲最高峰まで一気に登ってガーデンテラス、徳川道、トエンティクロスから高雄山をまわって掬星台までの28km。ロードあり、林道あり、ガレ場ありとバラエティに富んでいて六甲の魅力を満喫できる、25kmまでは。ラスト3km通称「稲妻天狗」は延々と直登が続くうえ、ところどころ巨岩にしがみついて進む…これはもはやトレランではなくクライム(登山)…令和に入って全く練習してないクライム(悪事)の罰ゲームか…やはりヤマは練習不足を許してくれなかった…ケガなく完走できただけでも良しとしよう。途中2回くらいコースロストしたがスタッフさんが100人も山に入ってたそうで文句は言えまい。エイドも5カ所、水スポドリと最低限のフード。自己責任が基本のトレランだしこれも受け入れるべし。

このレポートは参考になった

1

不適切なレポートとして報告する

■総合評価

全体の感想
  • 次回大会の参加 B
  • 参加料に見合った大会 B
  • スタッフ、ボランティア A
会場
  • 会場へのアクセス A
  • スムーズな誘導、受付 A
  • トイレ、荷物預かり、更衣室 A
スタート、コース、フィニッシュ
  • 楽しめるコース設定 A
  • 参加人数に見合ったコース A
  • コースの安全管理 A
  • コース誘導 A
  • コース上の給水 B
記録、表彰
  • 記録計測、記録配信サービスの充実 A
  • 充実した年代別表彰 B
インフォメーション
  • 装備品の明示 A
  • 分かりやすい大会情報、参加案内 A
  • 大会HPの更新 A

88.0

■大会特色ポイント

大会らしさ、大会の特色
  • 地元への浸透 A
  • 会場の盛り上がり B
  • 特色あるエイドステーション B
  • 参加賞のオリジナリティ B
  • エコ、環境保護 A
  • 大会独自の取り組み、地元色 A
大会特色ポイント
4.4 pt

■大会のおすすめポイント

次回大会参加者へのアドバイス

スタートは阪急岡本駅そば。とはいえ駅近の受付からスタート地点まで10分は登る。ロング→ショートの順にウェーブスタート。六甲の真ん中らへんをぐるっと半周するイメージのコースはバラエティがあって楽しめる。ただし、ラスト3kmは相当の気力と覚悟が必要。登っても登っても全然着かずに絶望する…エイドは少なめなので水、フードは持参すべき(水は1リットル携帯義務あり)。ゴール後はココイチのカレーの無料提供がある。帰りは岡本までのシャトルバスが1時間おき、うまく合わなければロープウェイ、ケーブルカー、バスを乗り継ぐ。これまで走った六甲トレランの中では最もタフなコースだったけど一番楽しめたよ。

私はランネットでエントリーしています。 ここたいが さん 2019年6月2日 18時37分

このレポートは参考になった

1

ここたいが さんのその他のレポート

大会ランキング(種目・フルマラソン)

順位 評価平均点 大会名
1 93.6点 熊本城マラソン2024 (熊本県) 参加者7千人以上
2 93.0点 フラの街 いわきを翔ける 風になれ!第15回いわきサンシャインマラソン (福島県) 参加者7千人以上
3 92.9点 第62回延岡西日本マラソン (宮崎県)
4 91.5点 第61回愛媛マラソン (愛媛県) 参加者7千人以上
5 91.3点 鹿児島マラソン2024 (鹿児島県) 参加者7千人以上