レポーター情報

ここたいが

全投稿件数 112
全参考になった数 125
「参考になった」指数
ニックネーム ここたいが
性別 男性
年代 <非公開>
昨年の大会出場数 <非公開>
自己ベスト フルマラソン
G)3:22:42(201902京都)
N)3:22:21 (201902京都)
ハーフマラソン
G)1:30:34(201801大阪)
N)1:29:24 (201801大阪)
ランニング趣向性 <非公開>
自己PR ハーフ→フル→トレイル→ウルトラ→プチリタイア→ガチリタイア→ジョグ再開→レース復帰→ハーフ→2周目

※「参考になった」指数は、直近3年間の各レポーターの平均「参考になった」数(「参考になった」獲得総数/投稿件数)を全体の中で指数化し、5つ星で表したものです。

大会レポート

2019年4月21日

第29回 チャレンジ富士五湖ウルトラマラソン(山梨県)

壮大な人体実験〜0mから118kmへ〜

出場種目: ウルトラマラソン 

去年11月に自己最長118kmにアーリーエントリー。練習とレースを綿密に組み立てみっちり準備してきた…はずが、3月末熊野を走ってからなぜかモチベーションが急激に低下。寒くて走る気しないし、花粉症だし、謎の鼻血、しまいにはヘルペスもでて、結局4月は1mも走らないまま。DNSを本気で考えたがこの状態でウルトラ走るとどうなるのか?それを確認しにとにかく富士五湖に向かう。前泊の宿をでて会場には3時過ぎ到着。すでにマジモードのランナーでいっぱい。やるしかないか…幸い今日は好天。スタート前気温4℃も日差しが出て昼には20℃まで上がる。折しも桜の季節、富士山の素晴らしい風景と富士五湖それぞれの個性を満喫できる。特に5LAKESだけが走れる本栖湖は穏やかでみんな黙々と走ってるのが非日常感があって良い。スタッフはみんな優しくて声援をくれるし、エイドも充実してるし来てよかった…ウルトラのなかでもロケーションやシーズン適性(桜と気温)など魅力がたっぷりの大会。え?人体実験の結果?それは「詳細を見る」をクリックだ!

このレポートは参考になった

0

不適切なレポートとして報告する

■総合評価

全体の感想
  • 次回大会の参加 A
  • 参加料に見合った大会 B
  • スタッフ、ボランティア A
会場
  • 会場へのアクセス C
  • スムーズな誘導、受付 B
  • トイレ、荷物預かり、更衣室 B
スタート、コース、フィニッシュ
  • 楽しめるコース設定 A
  • 参加人数に見合ったコース A
  • コースの安全管理 B
  • 距離表示、コース誘導 A
  • コース上の給水 A
記録、表彰
  • ネットタイム計測 A
  • 記録計測、記録配信サービスの充実 A
  • 充実した年代別表彰 B
インフォメーション
  • 分かりやすい大会情報、参加案内 A
  • 大会HPの更新 A

81.5

■大会特色ポイント

大会らしさ、大会の特色
  • 地元への浸透 A
  • 会場の盛り上がり A
  • 特色あるエイドステーション A
  • 参加賞のオリジナリティ A
  • エコ、環境保護 A
  • 大会独自の取り組み、地元色 A
大会特色ポイント
5.0 pt

■大会のおすすめポイント

次回大会参加者へのアドバイス

結果は104km足和田でリタイア。完走できなかったのも練習のせい、ここまで走れたのも練習のせいか…真面目にやってりゃ完走できたかもだが次回にとっておこう。会場は富士北麓公園。朝早いので前泊、移動は制限ギリギリの完走を目指すならバスだと帰りが辛いか…エイドはほぼ5kmおきにあるほか途中2箇所にドロップバッグできる。ご当地グルメも時々登場するし暑い時はかぶり水サービスも。さらに私設エイド多数。撮影ポイントではレース中でもスタッフがスマホのシャッターを押してくれるよ。5LAKES(118km)はチャレンジの名にふさわしい骨のあるコース。高低差は小さいがじわじわ脚に来る。ペース配分と補給がポイント。

私はランネットでエントリーしています。 ここたいが さん 2019年4月21日 21時41分

このレポートは参考になった

0

ここたいが さんのその他のレポート

大会ランキング(種目・フルマラソン)

順位 評価平均点 大会名
1 94.1点 第41回カーター記念黒部名水マラソン (富山県) 参加者7千人以上
2 93.6点 熊本城マラソン2024 (熊本県) 参加者7千人以上
3 93.1点 フラの街 いわきを翔ける 風になれ!第15回いわきサンシャインマラソン (福島県) 参加者7千人以上
4 92.9点 第62回延岡西日本マラソン (宮崎県)
5 91.5点 第61回愛媛マラソン (愛媛県) 参加者7千人以上