レポーター情報

らんにんぐマン

全投稿件数 27
全参考になった数 26
「参考になった」指数
ニックネーム らんにんぐマン
性別 男性
年代 <非公開>
昨年の大会出場数 0
自己ベスト フル3時間53分台、ハーフ1時間39分台、10㎞44分台、5㎞21分台
ランニング趣向性 タイム狙い派(フル、ハーフ、10K)
自己PR  昨秋から年始までは、例年参加していた各大会が全て中止を決定していたので、練習量は例年に比べて少なく、多い日でマイペースでの2時間走やハーフの距離を走る位でした。
 ようやく脚も仕上がってきたので、もう少し時間と距離を延ばして走ろうかと思ったところに再度の緊急事態宣言が発令されました。時間・場所・感染予防に注意して、孤独に走ろうと思います。

 年内も引き続き、ほとんどの大会が開催されることは無さそうです。
 昨年は大会に参加を始めてから、初めて脚を痛めて走れない期間がありました。40代半ばとなり年齢的にも負荷が掛かる練習を続けると、故障をする確率や疲労が早く抜けないことを、身を持って感じました。大会が開催されない現在は、負荷を強く掛け続ける練習を減らし、じっくりとフォームの修正・確認をしながら、脚や身体に負担を掛けすぎないような練習メニューを模索しながら走っています。

※「参考になった」指数は、直近3年間の各レポーターの平均「参考になった」数(「参考になった」獲得総数/投稿件数)を全体の中で指数化し、5つ星で表したものです。

大会レポート

2019年3月24日

第38回佐倉朝日健康マラソン(千葉県)

去年の失敗を教訓にして自己ベスト更新!

出場種目: フルマラソン 

去年はペース配分の失敗と天候に対応できず残り10kmを失速したので、前半はペースを抑える事を特に意識し、序盤は沢山の人に抜かれても「あの人は後半絶対バテるよ」と自分を納得させる。15km過ぎの上り坂位から序盤に抜かれた見覚えのあるランナーが歩いているのを見掛け始め「お疲れ様。まだ半分以上。大変だわ~」と思い追い抜く。中間点でペースを再調整。30km位からギアを切り替えて更にペースUP、次々にランナーを追い抜き自己ベストを更新できました。コース変更で未舗装道路が無くなり、道路工事で舗装し直された走りやすい箇所を進んだのも好走の要因でした。
 今回も事前の準備や確認をロクにせず参加し、不満の要因を大会側だけの責任にするコメントがあり(具体例は前回レポートの閲覧を)、多くは初佐倉や出走経験が少ない方のコメントと思われます。本大会の経験者はマイナス面も承知した上で参加を決めており、致命的な問題であれば毎回これだけの参加者は集まらないはず。初参加でも事前に大会HPや参加案内、本サイトの前回のレポートを見ていれば判かる内容ばかりです。
 文句や批判だけでなく、改善案も考えてコメントして下さい。

このレポートは参考になった

0

不適切なレポートとして報告する

■総合評価

全体の感想
  • 次回大会の参加 A
  • 参加料に見合った大会 A
  • スタッフ、ボランティア A
会場
  • 会場へのアクセス B
  • スムーズな誘導、受付 A
  • トイレ、荷物預かり、更衣室 A
スタート、コース、フィニッシュ
  • 楽しめるコース設定 B
  • 参加人数に見合ったコース B
  • コースの安全管理 A
  • 距離表示、コース誘導 A
  • コース上の給水 B
記録、表彰
  • ネットタイム計測 A
  • 記録計測、記録配信サービスの充実 A
  • 充実した年代別表彰 B
インフォメーション
  • 分かりやすい大会情報、参加案内 A
  • 大会HPの更新 A

86.0

■大会特色ポイント

大会らしさ、大会の特色
  • 地元への浸透 A
  • 会場の盛り上がり B
  • 特色あるエイドステーション B
  • 参加賞のオリジナリティ B
  • エコ、環境保護 B
  • 大会独自の取り組み、地元色 A
    ・多くの方から充実したサポートを受けて走らせてもらい、参加料(5500円)とコスパが高い。特に学生ボランティアの対応がよい。
    ・球場内の更衣テントは数も多く、長机と椅子も準備されている。
    ・大会HP内にコース動画を公開。
大会特色ポイント
4.2 pt

■大会のおすすめポイント

次回大会参加者へのアドバイス

シーズン最後の自己ベスト更新のチャンス、初めてのフルマラソンデビューとしても参加しやすい大会ですが、練習不足やお祭り気分を求めて参加する方には向かないです。
 理由として、農道や印旛沼周辺を回るコースなので景色に変化が少ないので、途中でスタミナ切れになると先の距離が長く感じられ精神的にも追い込まれます。沿道応援がない場所を多く走る。給食エイドは最低限の物は準備されているが、参加料が安い分、他大会のような贅沢感はない。足下の悪い箇所があるのも故障持ちには負担が掛かる。

 スタート直後から暫くは混雑が続き、5km過ぎまでは上り下りも多くペースが掴みづらいので、サブ4以上を狙うレベルであれば、オーバーペースを防ぐ為だと割り切って、アップするつもりで走る方が良い結果が出ると思います。経験上、ここでペースが想定より速い時は後半必ず失速します。後は15km過ぎとゴール手前の上り以外は平坦だが、当日の天候と風向きの見極め、服装や装備品の選択も重要なポイントです(去年は大失敗)。今年は直射日光を受ける場所では暖かく感じたが、日陰や強い向い風と横風の時は肌寒く感じました。

私はランネットでエントリーしています。 らんにんぐマン さん 2019年3月27日 22時44分

このレポートは参考になった

0

らんにんぐマン さんのその他のレポート

大会ランキング(種目・フルマラソン)

順位 評価平均点 大会名
1 94.1点 第41回カーター記念黒部名水マラソン (富山県) 参加者7千人以上
2 93.6点 熊本城マラソン2024 (熊本県) 参加者7千人以上
3 93.1点 フラの街 いわきを翔ける 風になれ!第15回いわきサンシャインマラソン (福島県) 参加者7千人以上
4 92.9点 第62回延岡西日本マラソン (宮崎県)
5 91.5点 第61回愛媛マラソン (愛媛県) 参加者7千人以上