レポーター情報

まえぽー

全投稿件数 65
全参考になった数 1288
「参考になった」指数
ニックネーム まえぽー
性別 <非公開>
年代 <非公開>
昨年の大会出場数
自己ベスト
ランニング趣向性
自己PR

※「参考になった」指数は、直近3年間の各レポーターの平均「参考になった」数(「参考になった」獲得総数/投稿件数)を全体の中で指数化し、5つ星で表したものです。

大会レポート

2019年4月7日

第35回 日本平桜マラソン(静岡県)

交通規制の難しさ

出場種目: 10kmマラソン 

今回、規制の中帰りましたが、途中で乗用車の方が
遠くの私にも聞こえる声で交通規制の方を怒鳴っているところに遭遇しました。
スタッフの方もあまり指示を受けていないようで、
乗用車は結局そのまま走り去りました。

公道をお借りしてのことなので私は感謝を忘れないようにしていますが、
参加されない方の中には迷惑と感じる人もいますよね。
怒鳴る人もどうかとは思いますが、運営は
迂回路等々の事前の会議をされた方が良いのではないかと思いました。

今回スタートを早めたのは暑さ対策と
渋滞緩和として規制解除を早めることが理由でしたが
周辺住民の同意が得られにくくなっているのでは、と思いました。
実際、周辺に住む人に「近所迷惑!!」と強い語気で言われたことも。

心配なのは関係する人々の同意が得られなくなって開催に支障が出ることです。
昔は問題はなかったのかもしれませんが時代を考えると、
より慎重に運営する必要があるのかもしれないと感じました。

久々の参加ですが桜が奇麗に咲いており、良い景色でした。
坂はやはり凄くきつかった。
手荷物預かりはそろそろ要改善。

このレポートは参考になった

1

不適切なレポートとして報告する

■総合評価

全体の感想
  • 次回大会の参加 B
  • 参加料に見合った大会 A
  • スタッフ、ボランティア C
会場
  • 会場へのアクセス A
  • スムーズな誘導、受付 A
  • トイレ、荷物預かり、更衣室 C
スタート、コース、フィニッシュ
  • 楽しめるコース設定 B
  • 参加人数に見合ったコース B
  • コースの安全管理 A
  • 距離表示、コース誘導 B
  • コース上の給水 A
記録、表彰
  • ネットタイム計測 A
  • 記録計測、記録配信サービスの充実 B
  • 充実した年代別表彰 B
インフォメーション
  • 分かりやすい大会情報、参加案内 A
  • 大会HPの更新 A

74.0

■大会特色ポイント

大会らしさ、大会の特色
  • 地元への浸透 B
  • 会場の盛り上がり A
  • 特色あるエイドステーション B
  • 参加賞のオリジナリティ C
  • エコ、環境保護 A
  • 大会独自の取り組み、地元色 B
    会場である静岡県草薙総合運動場において
    15000Mの日本記録を出し現在も保持されている瀬古利彦さんが
    毎回特別ゲストとして来場されています。
    地元テレビ局の協力をかなり感じる大会です。
大会特色ポイント
4.0 pt

■大会のおすすめポイント

次回大会参加者へのアドバイス

坂がとにかくきついです。静岡県内の市民マラソンでも屈指。
参加される前に坂道に慣らしておかないと
平坦との負荷の違いを存分に思い知らされることになるかと思います。

あと手荷物預かりが希望者のみです。
手荷物預かりが当たり前ではない中規模以上の静岡県内の大会は
もはや桜マラソンと焼津マラソンだけでは、というぐらいです。
ロッカーもそれほどありませんので注意してください。
新しい体育館が更衣室として使えるようになったようです。

私はランネットでエントリーしています。 まえぽー さん(7027943) 2019年4月7日 13時6分

このレポートは参考になった

1

まえぽー さんのその他のレポート

大会ランキング(種目・フルマラソン)

順位 評価平均点 大会名
1 93.7点 第12回 徳島・海陽 究極の清流 海部川風流マラソン (徳島県)
2 92.4点 第58回愛媛マラソン (愛媛県) 参加者7千人以上
3 89.3点 第69回 別府大分毎日マラソン (大分県)
4 86.1点 北九州マラソン2020 (福岡県) 参加者7千人以上
5 85.4点 第68回勝田全国マラソン (茨城県) 参加者7千人以上