レポーター情報

ニックネーム未登録

全投稿件数 35
全参考になった数 110
「参考になった」指数
ニックネーム
性別 <非公開>
年代 <非公開>
昨年の大会出場数 <非公開>
自己ベスト <非公開>
ランニング趣向性 <非公開>
自己PR <非公開>

※「参考になった」指数は、直近3年間の各レポーターの平均「参考になった」数(「参考になった」獲得総数/投稿件数)を全体の中で指数化し、5つ星で表したものです。

大会レポート

2019年2月3日

第41回神奈川マラソン(神奈川県)

運営側に改善する意思は無いようですね。

出場種目: ハーフマラソン 

2年連続2回目の出場。昨年不満を感じた点がほとんど改善されていませんでした。運営側に改善する意思を感じなかったので来年以降は出場しないと思います。以下、詳細です。

【会場】
・会場や広場が狭い上にウォーミングアップエリアは接触の危険があるほど狭かった
・トイレが参加人数に比べて明らかに少ない(不満に感じた人も多いと思う)

【コース】
・陸連登録者が走力に関わらずAブロックであるため、最初の1キロは特に危険だった
・狭い箇所が多いコースのため、終始囲まれて走る感じであり、序盤は接触されることもあった。
・全体的に平坦だったが、折り返しやカーブが多く海からの風もあり、記録が狙いやすいとまでは言えない気がした
・各エイドの数は十分だが、配置のバランスが悪く、スポドリのみのエイドもあった
・距離掲示は1km毎と残り1~3km
・数少ない利点は大学生ランナーの走りを何度か見れたことぐらい

【その他】
・参加賞のゼッケン留め具と日清ヘルシーリセッタ、Tシャツは良かった

このレポートは参考になった

2

不適切なレポートとして報告する

■総合評価

全体の感想
  • 次回大会の参加 C
  • 参加料に見合った大会 C
  • スタッフ、ボランティア B
会場
  • 会場へのアクセス A
  • スムーズな誘導、受付 C
  • トイレ、荷物預かり、更衣室 C
スタート、コース、フィニッシュ
  • 楽しめるコース設定 B
  • 参加人数に見合ったコース C
  • コースの安全管理 D
  • 距離表示、コース誘導 B
  • コース上の給水 B
記録、表彰
  • ネットタイム計測 C
  • 記録計測、記録配信サービスの充実 C
  • 充実した年代別表彰 C
インフォメーション
  • 分かりやすい大会情報、参加案内 B
  • 大会HPの更新 B

36.0

■大会特色ポイント

大会らしさ、大会の特色
  • 地元への浸透 B
  • 会場の盛り上がり C
  • 特色あるエイドステーション D
  • 参加賞のオリジナリティ B
  • エコ、環境保護 B
  • 大会独自の取り組み、地元色 B
大会特色ポイント
3.2 pt

■大会のおすすめポイント

次回大会参加者へのアドバイス

・会場もコース上もごった返している(大規模なマラソン大会でも珍しいレベル)ので、大人数にストレスを感じる方は避けた方が良いです。
・トイレは激込みします(今まで参加した大会の中で最悪です)。また、昨年は紙の切れたトイレもありました。
・11:30スタートであるため朝は余裕がありますが、その分終わるのも遅いです。
・10kmの方が楽しめるような気がしました。

私はランネットでエントリーしています。 ニックネーム未登録 さん 2019年2月3日 20時39分

このレポートは参考になった

2

ニックネーム未登録 さんのその他のレポート

大会ランキング(種目・フルマラソン)

順位 評価平均点 大会名
1 94.9点 オホーツク網走マラソン2022 (北海道)
2 94.5点 第5回日本最北端わっかない平和マラソン2022 (北海道)
3 91.9点 第24回長野マラソン (長野県) 参加者7千人以上
4 91.8点 第39回カーター記念黒部名水マラソン (富山県) 参加者7千人以上
5 89.3点 金沢マラソン2022 (石川県) 参加者7千人以上