レポーター情報

らんにんぐマン

全投稿件数 27
全参考になった数 26
「参考になった」指数
ニックネーム らんにんぐマン
性別 男性
年代 <非公開>
昨年の大会出場数 0
自己ベスト フル3時間53分台、ハーフ1時間39分台、10㎞44分台、5㎞21分台
ランニング趣向性 タイム狙い派(フル、ハーフ、10K)
自己PR  昨秋から年始までは、例年参加していた各大会が全て中止を決定していたので、練習量は例年に比べて少なく、多い日でマイペースでの2時間走やハーフの距離を走る位でした。
 ようやく脚も仕上がってきたので、もう少し時間と距離を延ばして走ろうかと思ったところに再度の緊急事態宣言が発令されました。時間・場所・感染予防に注意して、孤独に走ろうと思います。

 年内も引き続き、ほとんどの大会が開催されることは無さそうです。
 昨年は大会に参加を始めてから、初めて脚を痛めて走れない期間がありました。40代半ばとなり年齢的にも負荷が掛かる練習を続けると、故障をする確率や疲労が早く抜けないことを、身を持って感じました。大会が開催されない現在は、負荷を強く掛け続ける練習を減らし、じっくりとフォームの修正・確認をしながら、脚や身体に負担を掛けすぎないような練習メニューを模索しながら走っています。

※「参考になった」指数は、直近3年間の各レポーターの平均「参考になった」数(「参考になった」獲得総数/投稿件数)を全体の中で指数化し、5つ星で表したものです。

大会レポート

2019年3月10日

第5回かつしかふれあいRUNフェスタ2019(東京都)

混雑によるストレスを感じさせない大会

出場種目: 10kmマラソン 

河川敷で開催される大会には厳しい評価が多いが、この大会が高評価の理由として、問題点があれば次の開催では改善されている点です。
 スタート時間が一番速い10km参加者の視点ですが、レース前の更衣室には余裕があり、トイレの数も多いので待つことなく利用できる。レースもスタート直後からスムーズに走れるので、オーバーペースに注意しなければならない位です。未舗装箇所は無く、コース幅も問題なく走りやすいです。風の悪影響がなければ自己ベストも狙えます。
 ただ走るだけの記録会的な雰囲気はなく、10kmでも給食が用意され、コース脇では生演奏の応援で盛り上げてくれます。会場内も各イベントやブースも充実しているので、参加者以外も楽しめる雰囲気を感じます。
 課題を挙げるなら、更衣室の改善です。
 テント内の半分は板敷になっていてシートも敷かれ良かったが、残り半分はシートも敷かれず芝生の状態であったので改善して欲しい。
 レース後はハーフのスタート前のランナーと利用時間帯が被るので、今回のスペースだと手狭に感じた。雨の場合は更に混雑するはずなので、テントを更に拡大するか設置数を増やして欲しい。

このレポートは参考になった

3

不適切なレポートとして報告する

■総合評価

全体の感想
  • 次回大会の参加 A
  • 参加料に見合った大会 A
  • スタッフ、ボランティア A
会場
  • 会場へのアクセス A
  • スムーズな誘導、受付 A
  • トイレ、荷物預かり、更衣室 B
スタート、コース、フィニッシュ
  • 楽しめるコース設定 B
  • 参加人数に見合ったコース A
  • コースの安全管理 A
  • 距離表示、コース誘導 A
  • コース上の給水 A
記録、表彰
  • ネットタイム計測 A
  • 記録計測、記録配信サービスの充実 A
  • 充実した年代別表彰 B
インフォメーション
  • 分かりやすい大会情報、参加案内 A
  • 大会HPの更新 A

92.0

■大会特色ポイント

大会らしさ、大会の特色
  • 地元への浸透 A
  • 会場の盛り上がり A
  • 特色あるエイドステーション B
  • 参加賞のオリジナリティ B
  • エコ、環境保護 B
  • 大会独自の取り組み、地元色 A
    ・地元商店会と地元団体・協賛企業が協力的に大会を盛り上げる
    ・地元商店会と入浴場の対象店でサービスが受けられる
    ・区が企画した冊子「ランニングステーションコースマップ 」の配布
大会特色ポイント
4.4 pt

■大会のおすすめポイント

次回大会参加者へのアドバイス

○初めてマラソン大会に参加、10kmやハーフに本格的な挑戦をしようと考えている方には、制限時間が緩いので参加しやすいです。
○参加者数が適正なので会場内は混雑することなく、着替え→手荷物預け→トイレに多くの時間を掛けずに済む。
○コースについて(10km)
・スタートゲートを過ぎればスムーズに走れる。
・給食エイドが設けられている。
・折返し地点まで走って、そのまま同じコースを戻ってくる設定なので、先頭ランナーや友人等とすれ違える。
・ほぼ平坦で自己ベストを狙えるコースだが、会場内は家族連れも多く地元ローカル大会の緩い雰囲気なので、ガチランナーも気楽に調整レースやトレーニング感覚のつもりで参加した方がよい。
○河川敷がメイン会場なので当日の天候(雨・強風)が不安材料。
○前日に雨が降った場合、足元が湿っている可能性が高いので、シートの持参やレース用のシューズが濡れないように対応する。
○手荷物を預ける場合、大きなビニール袋に入れてテント下で保管されるので雨で濡れる心配はない。

私はランネットでエントリーしています。 らんにんぐマン さん 2019年3月26日 23時2分

このレポートは参考になった

3

らんにんぐマン さんのその他のレポート

大会ランキング(種目・フルマラソン)

順位 評価平均点 大会名
1 94.1点 第41回カーター記念黒部名水マラソン (富山県) 参加者7千人以上
2 93.6点 熊本城マラソン2024 (熊本県) 参加者7千人以上
3 93.1点 フラの街 いわきを翔ける 風になれ!第15回いわきサンシャインマラソン (福島県) 参加者7千人以上
4 92.9点 第62回延岡西日本マラソン (宮崎県)
5 91.5点 第61回愛媛マラソン (愛媛県) 参加者7千人以上