レポーター情報

ニックネーム未登録

全投稿件数 35
全参考になった数 110
「参考になった」指数
ニックネーム
性別 <非公開>
年代 <非公開>
昨年の大会出場数 <非公開>
自己ベスト <非公開>
ランニング趣向性 <非公開>
自己PR <非公開>

※「参考になった」指数は、直近3年間の各レポーターの平均「参考になった」数(「参考になった」獲得総数/投稿件数)を全体の中で指数化し、5つ星で表したものです。

大会レポート

2019年1月13日

第20回ハイテクハーフマラソン(東京都)

出場する価値のないクソ大会

出場種目: ハーフマラソン 

ハーフにエントリーした場合、¥5500という決して安くない参加料を支払っても6分の5の確率でハズレです。

【1】下流コース
・上流コースと同額を払わせているのに公認コースでない
・1km毎の距離掲示がめちゃくちゃ(ローカルな大会以下)
よって、6分の3の確率で大ハズレ

【2】ウエーブスタート
・タイム順でない(第1ウエーブにも遅いランナーはいるし、速いランナーでも第2、第3ウエーブになる)
よって、上流コースであっても第2、第3ウエーブ(全体の6分の2)はハズレ

【1】と【2】より上流コースの第1ウエーブ(全体の6分の1)以外はハズレの大会です。
ここまでコースとウエーブで差が出るのに同じ参加料であることは納得できません。正直、詐欺にあったと思っています。

また、無駄にゲストは多いくせにトイレの数や給水など肝心な所は最低レベルでした。全く魅力の無い大会でした。

このレポートは参考になった

8

不適切なレポートとして報告する

■総合評価

全体の感想
  • 次回大会の参加 D
  • 参加料に見合った大会 D
  • スタッフ、ボランティア B
会場
  • 会場へのアクセス C
  • スムーズな誘導、受付 C
  • トイレ、荷物預かり、更衣室 C
スタート、コース、フィニッシュ
  • 楽しめるコース設定 C
  • 参加人数に見合ったコース C
  • コースの安全管理 D
  • 距離表示、コース誘導 D
  • コース上の給水 D
記録、表彰
  • ネットタイム計測 B
  • 記録計測、記録配信サービスの充実 D
  • 充実した年代別表彰 D
インフォメーション
  • 分かりやすい大会情報、参加案内 D
  • 大会HPの更新 D

12.5

■大会特色ポイント

大会らしさ、大会の特色
  • 地元への浸透 D
  • 会場の盛り上がり D
  • 特色あるエイドステーション D
  • 参加賞のオリジナリティ C
  • エコ、環境保護 D
  • 大会独自の取り組み、地元色 D
大会特色ポイント
1.4 pt

次回大会参加者へのアドバイス

そもそも参加しない方が良いです。
どうしても参加する方へのアドバイスとしては、トイレは上流側の方が回転が早いと思います。

私はランネットでエントリーしています。 ニックネーム未登録 さん 2019年1月14日 10時57分

このレポートは参考になった

8

ニックネーム未登録 さんのその他のレポート

大会ランキング(種目・フルマラソン)

順位 評価平均点 大会名
1 94.9点 オホーツク網走マラソン2022 (北海道)
2 94.5点 第5回日本最北端わっかない平和マラソン2022 (北海道)
3 91.9点 第24回長野マラソン (長野県) 参加者7千人以上
4 91.8点 第39回カーター記念黒部名水マラソン (富山県) 参加者7千人以上
5 89.3点 金沢マラソン2022 (石川県) 参加者7千人以上