レポーター情報

ニックネーム未登録

全投稿件数 35
全参考になった数 110
「参考になった」指数
ニックネーム
性別 <非公開>
年代 <非公開>
昨年の大会出場数 <非公開>
自己ベスト <非公開>
ランニング趣向性 <非公開>
自己PR <非公開>

※「参考になった」指数は、直近3年間の各レポーターの平均「参考になった」数(「参考になった」獲得総数/投稿件数)を全体の中で指数化し、5つ星で表したものです。

大会レポート

2019年1月20日

第10回東京・赤羽ハーフマラソン(東京都)

悪くは無いが、改善の余地は多い

出場種目: 10kmマラソン 

2年連続2回目の参加です(いずれも10km)。評価点ほど悪い印象は無いですが、改善の余地の多い大会でした。以下、詳細です。

【会場】
・下流方面は自由に使えるので、アップの場所には困らなかった。
・ハーフの参加人数に比べてトイレの数が明らかに不足していた(10kmに参加する分には問題なかった)

【コース】
・10kmはタイム順によるブロック分けは無かった(やや危険だった)
・全体として平坦なコース(気象条件が良ければ記録が狙える)
・距離掲示は1km毎(今回は概ね間違っていなかった)
・給水は水とスポドリの区別がつきにくい上、紙コップ1つに注がれていた量が少なすぎた
・エイドは1ヶ所(4.7km)だったが、ハーフ16.6kmの給水も取ることができた(前年は取れなかった)

【その他】
・参加賞のTシャツは長袖なので貴重
・ゴール後もらえるドリンクはミネラル麦茶だった
・ボランティアの学生には好印象を受けた
・10km(参加費4200円)はハーフ(同4700円)に比べるとコスパが悪い気がした
・今回はハーフの関門でトラブルがあったみたいです

このレポートは参考になった

2

不適切なレポートとして報告する

■総合評価

全体の感想
  • 次回大会の参加 B
  • 参加料に見合った大会 C
  • スタッフ、ボランティア B
会場
  • 会場へのアクセス C
  • スムーズな誘導、受付 D
  • トイレ、荷物預かり、更衣室 D
スタート、コース、フィニッシュ
  • 楽しめるコース設定 C
  • 参加人数に見合ったコース B
  • コースの安全管理 C
  • 距離表示、コース誘導 B
  • コース上の給水 D
記録、表彰
  • ネットタイム計測 C
  • 記録計測、記録配信サービスの充実 C
  • 充実した年代別表彰 B
インフォメーション
  • 分かりやすい大会情報、参加案内 C
  • 大会HPの更新 C

27.5

■大会特色ポイント

大会らしさ、大会の特色
  • 地元への浸透 C
  • 会場の盛り上がり C
  • 特色あるエイドステーション D
  • 参加賞のオリジナリティ B
  • エコ、環境保護 C
  • 大会独自の取り組み、地元色 C
大会特色ポイント
2.5 pt

■大会のおすすめポイント

次回大会参加者へのアドバイス

ハーフに参加される方は以下の2点に注意された方が良いと思います。
・毎年、トイレは長蛇の列(多分30分前後)
・エイドが比較的少なく(3ヶ所)、また紙コップ1つに注がれている量は少ないです

10kmは参加費が比較的高いことを除けば概ね問題無いと思います。

私はランネットでエントリーしています。 ニックネーム未登録 さん 2019年1月23日 9時16分

このレポートは参考になった

2

ニックネーム未登録 さんのその他のレポート

大会ランキング(種目・フルマラソン)

順位 評価平均点 大会名
1 94.9点 オホーツク網走マラソン2022 (北海道)
2 94.5点 第5回日本最北端わっかない平和マラソン2022 (北海道)
3 91.9点 第24回長野マラソン (長野県) 参加者7千人以上
4 91.8点 第39回カーター記念黒部名水マラソン (富山県) 参加者7千人以上
5 89.3点 金沢マラソン2022 (石川県) 参加者7千人以上