レポーター情報

ばうむくーへん

全投稿件数 19
全参考になった数 16
「参考になった」指数
ニックネーム ばうむくーへん
性別 <非公開>
年代 <非公開>
昨年の大会出場数 <非公開>
自己ベスト <非公開>
ランニング趣向性 <非公開>
自己PR <非公開>

※「参考になった」指数は、直近3年間の各レポーターの平均「参考になった」数(「参考になった」獲得総数/投稿件数)を全体の中で指数化し、5つ星で表したものです。

大会レポート

2018年7月1日

第49回東和ロードレース(福島県)

どこまでも坂道(でも楽しい!)

出場種目: ハーフマラソン 

少し甘く考えてました。
ハーフ2時間を目標にしてましたが、予想以上に厳しかったです。

地獄坂はスタート後間もなく現れるので、速さを求めず一歩一歩着実に進んでやり過ごしましたが、その後折り返しまで続く基本上りコース、足が思うように出せませんでした。

復路は下りが続くのでペースが上がりますが、地味に疲労が蓄積した足ではドスッドスッという走りになってしまいました。

今までなんて楽なコースを走っていたんだろう・・・って反省です。

今年は気温、湿度が高く怯みましたが、次々に現れるエイドステーションで冷たいスポンジをゲットして体を冷やせたことと、風を受ける場所では体感温度もぐっと下がって気持ち良く感じられたのは気のせい?

スポンジは本当にありがたかったです。必需品ですね。
ボランティアの皆さん、本当にありがとうございました。

少し気になったのですが、スポンジや紙コップ、捨てられる段ボール箱がそれなりの数あればコース上に散乱する数も少なく、ボランティアの皆さんの後片付けも少しは楽になるのではないでしょうか?

このレポートは参考になった

2

不適切なレポートとして報告する

■総合評価

全体の感想
  • 次回大会の参加 A
  • 参加料に見合った大会 A
  • スタッフ、ボランティア A
会場
  • 会場へのアクセス C
  • スムーズな誘導、受付 B
  • トイレ、荷物預かり、更衣室 C
スタート、コース、フィニッシュ
  • 楽しめるコース設定 A
  • 参加人数に見合ったコース A
  • コースの安全管理 A
  • 距離表示、コース誘導 A
  • コース上の給水 A
記録、表彰
  • ネットタイム計測 A
  • 記録計測、記録配信サービスの充実 A
  • 充実した年代別表彰 A
インフォメーション
  • 分かりやすい大会情報、参加案内 A
  • 大会HPの更新 B

85.5

■大会特色ポイント

大会らしさ、大会の特色
  • 地元への浸透 A
  • 会場の盛り上がり A
  • 特色あるエイドステーション A
  • 参加賞のオリジナリティ A
  • エコ、環境保護 B
  • 大会独自の取り組み、地元色 A
    エイドステーションで学生が沢山ボランティア参加していて、地域全体で盛り上げようとしていると感じられました。
    また、小学1年生から体育の授業の一環?なのか、みんなで参加している風景は地元のお祭りのようで微笑ましいです。
大会特色ポイント
4.8 pt

次回大会参加者へのアドバイス

エイドステーションは次々に現れ、水分やスポンジの確保は容易で体を冷やすには困りませんがスポーツドリンクはなかったような・・・
主催者側に頼り過ぎないよう自己防衛しましょう。

車で会場まで行く場合、到着時間によっては駐車場所がはるか遠くになる恐れがあります。走った後に車までたどり着くのがとても大変だったので移動手段は考えたほうが良いかもしれません。

私はランネットでエントリーしています。 ばうむくーへん さん 2018年7月1日 22時51分

このレポートは参考になった

2

ばうむくーへん さんのその他のレポート

大会ランキング(種目・フルマラソン)

順位 評価平均点 大会名
1 94.1点 第41回カーター記念黒部名水マラソン (富山県) 参加者7千人以上
2 93.6点 熊本城マラソン2024 (熊本県) 参加者7千人以上
3 93.1点 フラの街 いわきを翔ける 風になれ!第15回いわきサンシャインマラソン (福島県) 参加者7千人以上
4 92.9点 第62回延岡西日本マラソン (宮崎県)
5 91.5点 第61回愛媛マラソン (愛媛県) 参加者7千人以上