レポーター情報

ころん

全投稿件数 56
全参考になった数 90
「参考になった」指数
ニックネーム ころん
性別 <非公開>
年代 <非公開>
昨年の大会出場数 <非公開>
自己ベスト <非公開>
ランニング趣向性 <非公開>
自己PR <非公開>

※「参考になった」指数は、直近3年間の各レポーターの平均「参考になった」数(「参考になった」獲得総数/投稿件数)を全体の中で指数化し、5つ星で表したものです。

大会レポート

2018年9月30日

第2回 松本マラソン(長野県)

※本大会は開催の中止が確認できましたので、採点対象外となります。(大会レポのルールはこちら)

大会運営側の責任範囲を明確にする好機

出場種目: フルマラソン 

中止決定には異存ありません。運営の皆さんは、長い準備でご苦労されランナー以上に残念だと思いますし、ランナーの批判を覚悟で判断されたことなので。
いろいろな意見がありますが、大会運営側が以下の(1)~(3)のどこまで責任を負うかを明確にしておくべきだったと思います。
(1)参加者の大会開催地への移動時間
(2)大会開催時間および直前の準備、事後の片付け時間
(3)参加者の自宅までの移動時間
(2)の時間に安全が確保できないならば、当然中止すべきです。悩ましいのは、(1)または(3)の時間帯の安全が確保できない場合に、これを運営側が責任を負うべきか否かという点です。
今回の決定は、(3)の参加者が無事に帰宅できない(特に関西方面)ことが主な理由かと思います。少なくとも、(2)の開催時間中およびその前後は問題ないことが天気予報から明らかでした。(3)も大会運営側が責任を負うべきと考えるならば、もっと早く中止の決定ができたはず。ここがぶれてしまったのではないかと思われるのが残念です。
好きな大会なので、よく検証され、改善につなげていただきたいと思います。

このレポートは参考になった

4

不適切なレポートとして報告する

■総合評価

全体の感想
  • 次回大会の参加 B
  • 参加料に見合った大会 B
  • スタッフ、ボランティア B
会場
  • 会場へのアクセス B
  • スムーズな誘導、受付 B
  • トイレ、荷物預かり、更衣室 B
スタート、コース、フィニッシュ
  • 楽しめるコース設定 B
  • 参加人数に見合ったコース B
  • コースの安全管理 B
  • 距離表示、コース誘導 B
  • コース上の給水 B
記録、表彰
  • ネットタイム計測 B
  • 記録計測、記録配信サービスの充実 B
  • 充実した年代別表彰 B
インフォメーション
  • 分かりやすい大会情報、参加案内 B
  • 大会HPの更新 B

--.-

■大会特色ポイント

大会らしさ、大会の特色
  • 地元への浸透 B
  • 会場の盛り上がり B
  • 特色あるエイドステーション B
  • 参加賞のオリジナリティ B
  • エコ、環境保護 B
  • 大会独自の取り組み、地元色 B
大会特色ポイント
--.-pt

私はランネットでエントリーしています。 ころん さん 2018年10月1日 12時56分

このレポートは参考になった

4

ころん さんのその他のレポート

大会ランキング(種目・フルマラソン)

順位 評価平均点 大会名
1 92.1点 第24回長野マラソン (長野県) 参加者7千人以上
2 90.6点 第39回カーター記念黒部名水マラソン (富山県) 参加者7千人以上
3 83.5点 ランナーズフルマラソンチャレンジ2022 in 国営昭和記念公園 (東京都)
4 81.7点 ランナーズフルマラソンチャレンジ2022 in 大阪 (大阪府)
5 80.3点 ランナーズフルマラソンチャレンジ2022 in 板橋荒川河川敷 (東京都)