レポーター情報

公共交通機関利用ランナー

全投稿件数 78
全参考になった数 107
「参考になった」指数
ニックネーム 公共交通機関利用ランナー
性別 男性
年代 <非公開>
昨年の大会出場数 10
自己ベスト フル 3時間11分 ハーフ 1時間29分
ランニング趣向性 エイドを愉しむ派です
自己PR <非公開>

※「参考になった」指数は、直近3年間の各レポーターの平均「参考になった」数(「参考になった」獲得総数/投稿件数)を全体の中で指数化し、5つ星で表したものです。

大会レポート

2018年5月13日

第28回仙台国際ハーフマラソン(杜の都ハーフ2018)(宮城県)

新緑の杜の都は超気持ちいいい!

出場種目: ハーフマラソン 

今年からゼッケン等が事前送付となり日帰り参加が可なのでエントリー。スタート前に参加者全員で黙祷。新緑のきれいな街中を走れるのは喜びです。序盤、道幅が狭く走りにくい区間がありましたが、中心部に入ると解消。15km過ぎと20km手前のオーバークロス以外は、大きなアップダウンはほとんどありませんので自己ベストも狙えます(自己ベストはわずかに更新できましたが、1時間半が切れずに残念)。大きな都心部だけでなく、地下鉄新線が伸びたエリアでもケヤキ並木があって、仙台はまさに杜の都なんだな、と実感した次第です。仙台らしいエイドはないのがちょっと残念。東北の人たちはシャイなのか、沿道からの応援がちょっと控えめ。知人を応援するような方が多いように見受けられました。大都市だから仕方ありませんが、街を挙げての大会という雰囲気からは薄かったです。会場の出店で、ゼッケンを見せれば100円引きという仕組みにすれば、もっと会場に滞在すると思います。走り終えたら秋保温泉に寄ってはいかがでしょうか?会場最寄の宮城野原駅から終点のあおば通駅の直上に秋保方面行きのバスが毎時30分で発車しています。秋保温泉まで40分弱です。

このレポートは参考になった

3

不適切なレポートとして報告する

■総合評価

全体の感想
  • 次回大会の参加 A
  • 参加料に見合った大会 B
  • スタッフ、ボランティア B
会場
  • 会場へのアクセス A
  • スムーズな誘導、受付 A
  • トイレ、荷物預かり、更衣室 B
スタート、コース、フィニッシュ
  • 楽しめるコース設定 A
  • 参加人数に見合ったコース A
  • コースの安全管理 A
  • 距離表示、コース誘導 A
  • コース上の給水 A
記録、表彰
  • ネットタイム計測 A
  • 記録計測、記録配信サービスの充実 A
  • 充実した年代別表彰 A
インフォメーション
  • 分かりやすい大会情報、参加案内 A
  • 大会HPの更新 A

91.0

■大会特色ポイント

大会らしさ、大会の特色
  • 地元への浸透 B
  • 会場の盛り上がり C
  • 特色あるエイドステーション D
  • 参加賞のオリジナリティ B
  • エコ、環境保護 A
  • 大会独自の取り組み、地元色 B
    仙台市が誇るあちこちのケヤキ並木を走れます。
    東北各地の祭りの演舞の応援のありがたい!
大会特色ポイント
3.4 pt

次回大会参加者へのアドバイス

「お先にトクだ値」も使える各停のやまびこ201号でも十分間に合います。

私はランネットでエントリーしています。 公共交通機関利用ランナー さん 2018年5月13日 20時35分

このレポートは参考になった

3

公共交通機関利用ランナー さんのその他のレポート

大会ランキング(種目・フルマラソン)

順位 評価平均点 大会名
1 94.1点 第41回カーター記念黒部名水マラソン (富山県) 参加者7千人以上
2 93.6点 熊本城マラソン2024 (熊本県) 参加者7千人以上
3 93.1点 フラの街 いわきを翔ける 風になれ!第15回いわきサンシャインマラソン (福島県) 参加者7千人以上
4 92.9点 第62回延岡西日本マラソン (宮崎県)
5 91.5点 第61回愛媛マラソン (愛媛県) 参加者7千人以上