レポーター情報

Mikkemtr

全投稿件数 2
全参考になった数 9
「参考になった」指数
ニックネーム Mikkemtr
性別 <非公開>
年代 <非公開>
昨年の大会出場数 <非公開>
自己ベスト <非公開>
ランニング趣向性 <非公開>
自己PR <非公開>

※「参考になった」指数は、直近3年間の各レポーターの平均「参考になった」数(「参考になった」獲得総数/投稿件数)を全体の中で指数化し、5つ星で表したものです。

大会レポート

2018年1月28日

2018大阪ハーフマラソン(大阪府)

招待選手と陸連登録選手のための大会になってしまっていませんか

出場種目: ハーフマラソン 

Cブロックスタートでしたが、スタートして2キロくらいまではBブロック(陸連登録選手)の遅い人たちの壁に悩まされてしまいます。
彼らにとっても無理に追い越されそうになる場面も多いでしょうし(私も他にも追い越そうとしている人たちがひしめき合っているが故、ぶつかりそうになってしまいました)、選手の順序の配列が危険だと感じます。
A・B・Cは招待選手→陸連登録選手→一般の部の順にするのではなく、申告タイム順に並べるべきだと思います。それでも虚偽申告される方はいるでしょうが、かなり改善されるでしょう。
それが全員がスムーズにレースを運ぶ唯一の手段だと思います。
「ベストが狙えるコースです!」というのが売りにしていますが、現在のままでは招待選手・陸連登録選手は確かにベストが狙えて居心地のいい大会かもしれませんが、一般男子・女子がその割を一方的に食ってしまっている状況となってしまいます。この大会自体がその層しか向いていないのだと割り切っているのなら、広く「ベストが狙える」を売りの大会にしないでいただきたいと思います。

このレポートは参考になった

7

不適切なレポートとして報告する

■総合評価

全体の感想
  • 次回大会の参加 B
  • 参加料に見合った大会 C
  • スタッフ、ボランティア B
会場
  • 会場へのアクセス A
  • スムーズな誘導、受付 B
  • トイレ、荷物預かり、更衣室 B
スタート、コース、フィニッシュ
  • 楽しめるコース設定 B
  • 参加人数に見合ったコース C
  • コースの安全管理 B
  • 距離表示、コース誘導 B
  • コース上の給水 C
記録、表彰
  • ネットタイム計測 B
  • 記録計測、記録配信サービスの充実 C
  • 充実した年代別表彰 B
インフォメーション
  • 分かりやすい大会情報、参加案内 B
  • 大会HPの更新 B

45.5

■大会特色ポイント

大会らしさ、大会の特色
  • 地元への浸透 A
  • 会場の盛り上がり C
  • 特色あるエイドステーション C
  • 参加賞のオリジナリティ C
  • エコ、環境保護 C
  • 大会独自の取り組み、地元色 B
大会特色ポイント
3.2 pt

Mikkemtr さん(8109861) 2018年1月28日 22時5分

このレポートは参考になった

7

Mikkemtr さんのその他のレポート

大会ランキング(種目・フルマラソン)

順位 評価平均点 大会名
1 93.7点 第12回 徳島・海陽 究極の清流 海部川風流マラソン (徳島県)
2 92.3点 第58回愛媛マラソン (愛媛県) 参加者7千人以上
3 89.3点 第69回 別府大分毎日マラソン (大分県)
4 86.1点 北九州マラソン2020 (福岡県) 参加者7千人以上
5 85.4点 第68回勝田全国マラソン (茨城県) 参加者7千人以上