レポーター情報

鈍行ランナー

全投稿件数 109
全参考になった数 68
「参考になった」指数
ニックネーム 鈍行ランナー
性別 <非公開>
年代 <非公開>
昨年の大会出場数 <非公開>
自己ベスト <非公開>
ランニング趣向性 <非公開>
自己PR <非公開>

※「参考になった」指数は、直近3年間の各レポーターの平均「参考になった」数(「参考になった」獲得総数/投稿件数)を全体の中で指数化し、5つ星で表したものです。

大会レポート

2018年4月22日

第4回 見附刈谷田川ハーフマラソン&第46回 見附市民マラソン(新潟県)

笹川から見附へ

出場種目: ハーフマラソン 

前々週の「笹川」の寒いレースから一転、朝から暑くなり、体が寒暖の差に慣れていない中のスタートです。
前半は調子よく走れることができましたが、折り返し後大きくペースダウン、応援の方々に答えることが出来ませんでした。
やっと最後の坂を登り切りゴールでしたが、自分の場所に戻った時、目の前が真っ暗になり、吐き気が襲いました、完全な熱中症です。過去3年も熱中症気味で、昨年は、メールで給水所の数を確認すると「ランニングクラブ」助言であり、増やすことは無いとの回答でした、、、、ペットボトルを今年はもって走ったのですが役には立ちませんでした、自分は1時間くらい会場で、体を休ませてやっとのことで車に戻り、みつけ健康の湯「ほっとぴあ」で入浴し生き返りましたが、会場では何台も救急車が出動していました。
同じ1ケ月の中で「低体温症」と「熱中症」を体験すことができましたが、自己管理をしっかりしてレースに挑まなければならないと思うレースでした。

このレポートは参考になった

0

不適切なレポートとして報告する

■総合評価

全体の感想
  • 次回大会の参加 B
  • 参加料に見合った大会 A
  • スタッフ、ボランティア B
会場
  • 会場へのアクセス B
  • スムーズな誘導、受付 A
  • トイレ、荷物預かり、更衣室 C
スタート、コース、フィニッシュ
  • 楽しめるコース設定 B
  • 参加人数に見合ったコース A
  • コースの安全管理 C
  • 距離表示、コース誘導 B
  • コース上の給水 D
記録、表彰
  • ネットタイム計測 A
  • 記録計測、記録配信サービスの充実 A
  • 充実した年代別表彰 B
インフォメーション
  • 分かりやすい大会情報、参加案内 A
  • 大会HPの更新 A

69.5

■大会特色ポイント

大会らしさ、大会の特色
  • 地元への浸透 B
  • 会場の盛り上がり B
  • 特色あるエイドステーション A
  • 参加賞のオリジナリティ A
  • エコ、環境保護 B
  • 大会独自の取り組み、地元色 A
    太鼓が盛り上がりに一役買っていました。
大会特色ポイント
4.4 pt

次回大会参加者へのアドバイス

改善されることを要望しますが、新しいコースになってからは、晴天で気温が高くなっていますが、給水箇所が少なすぎますので、ペットボトルをもって走ることをお勧めします。

鈍行ランナー さん 2018年5月16日 18時31分

このレポートは参考になった

0

鈍行ランナー さんのその他のレポート

大会ランキング(種目・フルマラソン)

順位 評価平均点 大会名
1 94.3点 熊本城マラソン2024 (熊本県) 参加者7千人以上
2 91.4点 第61回愛媛マラソン (愛媛県) 参加者7千人以上
3 90.5点 世界遺産姫路城マラソン2024 (兵庫県) 参加者7千人以上
4 90.3点 第44回館山若潮マラソン (千葉県) 参加者7千人以上
5 89.8点 第41回いぶすき菜の花マラソン (鹿児島県) 参加者7千人以上