レポーター情報

mt

全投稿件数 28
全参考になった数 183
「参考になった」指数
ニックネーム mt
性別 <非公開>
年代 <非公開>
昨年の大会出場数 <非公開>
自己ベスト <非公開>
ランニング趣向性 <非公開>
自己PR <非公開>

※「参考になった」指数は、直近3年間の各レポーターの平均「参考になった」数(「参考になった」獲得総数/投稿件数)を全体の中で指数化し、5つ星で表したものです。

大会レポート

2018年4月15日

かすみがうらマラソン2018(茨城県)

何故荷物預かりで最大40分も待たされるのか!?

出場種目: フルマラソン 

かすみがうらマラソンに限らず、近年フルマラソン大会の大多数に言える事ですが…
どう見ても明らかなキャパオーバーなのに、利益ばかり優先しランナー達を数多く参加させてる割には、
肝心のマラソン運営は全く成ってない、トイレや給水食・スタッフやボランティア等の準備不足ばかりが大いに目立ちます。
特に一番驚いたのが、荷物預かりだけで最大40分も待たされ、スタート時間へ間に合わなかったランナー達が相当数居たとか…
今迄自身も何度か大会に出走してますが、荷物預かりでそんなに長い時間待ち続けた事など一回も有りませんが。
しかもかすみがうらマラソンは年々評判が悪くなる一方なのが、非常に気になります。
我々ランナー一人ひとりも、このマラソン運営はランナー目線で開催されているのか?
それとも単にカネ稼ぎの為だけで、ランナー達の事は完全無視で行っているだけなのか?
しっかりと見極める必要が有りますね。
信用を失い大きく裏切ったマラソン大会には、今後絶対二度と出場しない事ですね。
別にマラソンの主催者側なんぞ、莫大なカネ儲けさえすれば良いっていう処が意外と多いのは、非常に残念なことですが。

このレポートは参考になった

5

不適切なレポートとして報告する

■総合評価

全体の感想
  • 次回大会の参加 D
  • 参加料に見合った大会 D
  • スタッフ、ボランティア D
会場
  • 会場へのアクセス C
  • スムーズな誘導、受付 D
  • トイレ、荷物預かり、更衣室 D
スタート、コース、フィニッシュ
  • 楽しめるコース設定 D
  • 参加人数に見合ったコース D
  • コースの安全管理 D
  • 距離表示、コース誘導 D
  • コース上の給水 D
記録、表彰
  • ネットタイム計測 D
  • 記録計測、記録配信サービスの充実 D
  • 充実した年代別表彰 C
インフォメーション
  • 分かりやすい大会情報、参加案内 D
  • 大会HPの更新 C

4.0

■大会特色ポイント

大会らしさ、大会の特色
  • 地元への浸透 C
  • 会場の盛り上がり D
  • 特色あるエイドステーション C
  • 参加賞のオリジナリティ D
  • エコ、環境保護 D
  • 大会独自の取り組み、地元色 D
    スタッフ・ボランティアが明らかに不足で、色々なブースで大行列
    二度と参加したいとは思わない
大会特色ポイント
1.6 pt

次回大会参加者へのアドバイス

かすみがうらマラソンは年々参加者が増加する一方ですが、明らかにキャパオーバーで、更にスタッフ・ボランティア等の不足で、
細かい処には目が全く行き届かなくなってしまっている現状です。
マラソン出場して気分悪い思いしたり後悔したりしないよう、事前に運営状況がしっかり出来ているか、
各自ランナー達がそれぞれ十二分に把握する事は非常に大切ですね。

えいじ さん 2018年4月17日 15時40分

このレポートは参考になった

5

えいじ さんのその他のレポート

大会ランキング(種目・フルマラソン)

順位 評価平均点 大会名
1 81.5点 第70回勝田全国マラソン (茨城県) 参加者7千人以上
2 80.5点 第43回館山若潮マラソン (千葉県) 参加者7千人以上
3 78.3点 第71回 別府大分毎日マラソン大会 (大分県)
4 76.3点 第40回いぶすき菜の花マラソン (鹿児島県) 参加者7千人以上
5 68.2点 第41回瀬戸内海タートル・フルマラソン全国大会 (香川県)