レポーター情報

こはく いずみ

全投稿件数 13
全参考になった数 19
「参考になった」指数
ニックネーム こはく いずみ
性別 <非公開>
年代 <非公開>
昨年の大会出場数 <非公開>
自己ベスト <非公開>
ランニング趣向性 <非公開>
自己PR <非公開>

※「参考になった」指数は、直近3年間の各レポーターの平均「参考になった」数(「参考になった」獲得総数/投稿件数)を全体の中で指数化し、5つ星で表したものです。

大会レポート

2018年1月14日

第37回フロストバイトロードレース(東京都)

赤ちゃんランナー アメリカ(基地)を走る

出場種目: ハーフマラソン 

レース中、すれ違い反対側先を走る重たい荷物を背負った女子ランナーが後方からやってくるランナーに次々と抜かれていく姿にその時は「ずいぶん重たいリュックだな、時間の都合で荷物を預けられなかった?それにしても失礼だが低速」程度しか見えませんでした。やがて彼女に追いつき、並び、すれ違いではわからないことが!
この女子ランナーは重たいリュックを背負っているのではなくなんと!赤ちゃんをおんぶして走っていたのだった。(驚き)
記録うんぬん、賛否両論
いろいろあると思いますが
(史上最年少)赤ちゃん
ランナー基地を走る?
走ることに意味があり
この女子ランナーと赤ちゃん(おそらくお子さん)は一緒に走っているのです。
一生モノの思い出という名の宝ものになると思います。残念ながら応援することが出来ませんでしたが、つくづく今回の件で
「走ることに意義あり」と思えるようになりました。そしてこの女子ランナーと赤ちゃんに感謝の気持ち、そして「お疲れ様でした」をこの場を借りて
言いたいと思います。
参加する事に意味ありの
大会になりました。
また機会があれば
参加します。

このレポートは参考になった

4

不適切なレポートとして報告する

■総合評価

全体の感想
  • 次回大会の参加 B
  • 参加料に見合った大会 B
  • スタッフ、ボランティア B
会場
  • 会場へのアクセス B
  • スムーズな誘導、受付 B
  • トイレ、荷物預かり、更衣室 D
スタート、コース、フィニッシュ
  • 楽しめるコース設定 B
  • 参加人数に見合ったコース D
  • コースの安全管理 D
  • 距離表示、コース誘導 D
  • コース上の給水 B
記録、表彰
  • ネットタイム計測 B
  • 記録計測、記録配信サービスの充実 B
  • 充実した年代別表彰 B
インフォメーション
  • 分かりやすい大会情報、参加案内 C
  • 大会HPの更新 C

34.5

■大会特色ポイント

大会らしさ、大会の特色
  • 地元への浸透 A
  • 会場の盛り上がり B
  • 特色あるエイドステーション B
  • 参加賞のオリジナリティ A
  • エコ、環境保護 D
  • 大会独自の取り組み、地元色 A
    地元の高校生?の太鼓の演奏、ハーレー
大会特色ポイント
4.0 pt

次回大会参加者へのアドバイス

英語が喋れなくても大丈夫
カタコトでも英語が喋れるのであれば更によし。
タイムレースというより
EXPO〇〇(お祭り)
もしくは他の方も書いていると思いますが別世界
(アメリカ)海外旅行
賛否別れる大会でずか
機会があれば一度は参加
してみるのもありだと
思います。

私はランネットでエントリーしています。 こはく いずみ さん 2018年1月17日 0時45分

このレポートは参考になった

4

こはく いずみ さんのその他のレポート

大会ランキング(種目・フルマラソン)

順位 評価平均点 大会名
1 95.1点 オホーツク網走マラソン2022 (北海道)
2 94.3点 第5回日本最北端わっかない平和マラソン2022 (北海道)
3 91.8点 第39回カーター記念黒部名水マラソン (富山県) 参加者7千人以上
3 91.8点 第24回長野マラソン (長野県) 参加者7千人以上
5 85.6点 2022函館マラソン (北海道) 参加者7千人以上