レポーター情報

mt

全投稿件数 28
全参考になった数 183
「参考になった」指数
ニックネーム mt
性別 <非公開>
年代 <非公開>
昨年の大会出場数 <非公開>
自己ベスト <非公開>
ランニング趣向性 <非公開>
自己PR <非公開>

※「参考になった」指数は、直近3年間の各レポーターの平均「参考になった」数(「参考になった」獲得総数/投稿件数)を全体の中で指数化し、5つ星で表したものです。

大会レポート

2017年10月29日

横浜マラソン2017(神奈川県)

「横浜マラソン2018」は本当に開催するの?

出場種目: フルマラソン 

此処まで悪態をさらけ出しつつも、「エントリー料金は一切返金しません」だけをずっと強調し続ける横浜マラソン運営側。
第1回大会は、高速道路のマラソンコースの正式距離を事前に計測しておらず、42.195kmから186mも不足。それでもマラソン運営側は「大会は無事終了したので、返金は応じない」。
こんな杜撰すぎるマラソン運営の、何を信用出来るというのでしょうか?次回の「横浜マラソン2018」も本当に開催するんですか??
こんな「詐欺」と思われても仕方ないマラソン大会、今後も絶対エントリー致しません!

このレポートは参考になった

11

不適切なレポートとして報告する

■総合評価

全体の感想
  • スタッフやボランティア C
  • 大会の地元への浸透度 C
  • 大会運営全体を通しての印象 C
  • 来年も参加したいですか? C
会場
  • 会場へ(から)のシャトルバス C
  • 会場案内看板や場内アナウンス C
  • 会場のレイアウトと移動経路 C
  • 荷物預かり所 C
  • トイレの配置と管理 C
スタート、コース、フィニッシュ
  • スタートエリアの管理 C
  • コースは混雑しなかったか? C
  • 距離看板 C
  • 景色など楽しめるコースか? C
  • 沿道での応援 C
  • 給水所の水、スポーツドリンク C
  • ゴール後のドリンクフード C
記録、表彰
  • ネットタイム計測 C
  • ネットやスマホへの記録配信 C
  • 参加賞 C
  • 年代別表彰について C
インフォメーション
  • 大会パンフ(募集要項付き) C
  • 当日案内(ハガキ、封書) C
  • 大会ホームページ C

0.4

次回大会参加者へのアドバイス

フルマラソンでエントリー料金15000円はどう考えても余りにも高過ぎです。同じ関東地方で開催のさいたま国際マラソンも同額ながら、それに見合った運営が殆ど出来ていません。
マラソン大会にエントリーされるランナーの方々は、その辺の状況を事前にきっちりと把握した上で申し込みましょう。

えいじ さん 2018年1月4日 8時43分

このレポートは参考になった

11

えいじ さんのその他のレポート

大会ランキング(種目・フルマラソン)

順位 評価平均点 大会名
1 93.6点 熊本城マラソン2024 (熊本県) 参加者7千人以上
2 93.0点 フラの街 いわきを翔ける 風になれ!第15回いわきサンシャインマラソン (福島県) 参加者7千人以上
3 92.9点 第62回延岡西日本マラソン (宮崎県)
4 91.5点 第61回愛媛マラソン (愛媛県) 参加者7千人以上
5 91.3点 鹿児島マラソン2024 (鹿児島県) 参加者7千人以上