レポーター情報

リバー

全投稿件数 17
全参考になった数 12
「参考になった」指数
ニックネーム リバー
性別
年代 <非公開>
昨年の大会出場数
自己ベスト <非公開>
ランニング趣向性 <非公開>
自己PR <非公開>

※「参考になった」指数は、直近3年間の各レポーターの平均「参考になった」数(「参考になった」獲得総数/投稿件数)を全体の中で指数化し、5つ星で表したものです。

大会レポート

2017年10月15日

第35回円谷幸吉メモリアルマラソン大会(福島県)

3年連続、3度目の参加です。

出場種目: 10kmマラソン 

コースは、アップダウンが多いので、記録が出やすいコースではないと思います。
(個人的な感覚として、4~6kmの間が上りが多めのコースだと思います。7~9kmは下りがメインになります。)

参加者が多すぎないので、今回もスタート時の混乱がなくスムーズでした。
(スタート時の整列は、先頭が一番後ろに並ぶやり方なので、ごく一部の人はよくわかっていなかったようですが)

1kmごとの距離表示について、今年は事前にホームページで案内があり、昨年よりはわかりやすかったです。
(しかしながら、6km地点だけわかりませんでした。)

相変わらず、ネットタイムの計測が無いのが残念でしたが、参加者が多くないので、今年も必然性はそれほど感じなかったです。
(距離ごとの総合順位の発表があると個人的にうれしいです。)

須賀川アリーナの更衣室内に100円硬貨リターン式のコインロッカーがあるので、荷物はそこに入れておけます。
(また、コインロッカーの鍵を事務所で預かってもらえます。)

このレポートは参考になった

1

不適切なレポートとして報告する

■総合評価

全体の感想
  • スタッフやボランティア A
  • 大会の地元への浸透度 A
  • 大会運営全体を通しての印象 A
  • 来年も参加したいですか? A
会場
  • 会場へ(から)のシャトルバス A
  • 会場案内看板や場内アナウンス A
  • 会場のレイアウトと移動経路 A
  • 荷物預かり所 B
  • トイレの配置と管理 A
スタート、コース、フィニッシュ
  • スタートエリアの管理 A
  • コースは混雑しなかったか? A
  • 距離看板 A
  • 景色など楽しめるコースか? B
  • 沿道での応援 A
  • 給水所の水、スポーツドリンク A
  • ゴール後のドリンクフード A
記録、表彰
  • ネットタイム計測 B
  • ネットやスマホへの記録配信 B
  • 参加賞 A
  • 年代別表彰について B
インフォメーション
  • 大会パンフ(募集要項付き) A
  • 当日案内(ハガキ、封書) A
  • 大会ホームページ A

86.0

次回大会参加者へのアドバイス

ハーフマラソンと10kmは、日本陸連の公認コースであり、日帰りで参加できる方には是非参加をおすすめしたいです。
今のところ、参加人数がちょうど良く、スタート時の混乱も少ないので、ストレスをそれほど感じません。

私はランネットでエントリーしています。 リバー さん 2017年10月22日 13時56分

このレポートは参考になった

1

リバー さんのその他のレポート

大会ランキング(種目・フルマラソン)

順位 評価平均点 大会名
1 94.9点 オホーツク網走マラソン2022 (北海道)
2 94.5点 第5回日本最北端わっかない平和マラソン2022 (北海道)
3 91.8点 第39回カーター記念黒部名水マラソン (富山県) 参加者7千人以上
3 91.8点 第24回長野マラソン (長野県) 参加者7千人以上
5 85.6点 2022函館マラソン (北海道) 参加者7千人以上