レポーター情報

たにやん

全投稿件数 8
全参考になった数 1
「参考になった」指数
ニックネーム たにやん
性別
年代 <非公開>
昨年の大会出場数 <非公開>
自己ベスト <非公開>
ランニング趣向性 <非公開>
自己PR <非公開>

※「参考になった」指数は、直近3年間の各レポーターの平均「参考になった」数(「参考になった」獲得総数/投稿件数)を全体の中で指数化し、5つ星で表したものです。

大会レポート

2017年10月1日

第29回会津若松市鶴ヶ城ハーフマラソン大会(福島県)

ある意味、地元根付いた大会。

出場種目: 10kmマラソン 

はじめて鶴ケ城ハーフ(10K)に出場しました。驚いたのは、試食ブースのオンパレード。ブースは、メインスポンサーの地元大手スーパー「リオン・ドール」の取引食品メーカー。さすがの影響力ですね!このマラソン大会が地元に根付いており、参加者も小学生〜高齢者まで幅広い。試食し、リオンドールで買い物をする。そう考えると、こういうマラソン大会も有りかもしれない。
各ブースにほとんど並んで試食したので、10Kの消費カロリーより 摂取カロリーが確実に上回った 笑

会場内の案内板がもう少し多いと助かりました。スタート集合場所がわからなかった(事前の予習不足ですが・・・) トイレも体育館2Fばかり混雑していたようです(男性用3つだけに集中)

沿道の皆さんの温かい声援や子供たちのブラスバンドの演奏には勇気づけられました!!

このレポートは参考になった

0

不適切なレポートとして報告する

■総合評価

全体の感想
  • スタッフやボランティア A
  • 大会の地元への浸透度 A
  • 大会運営全体を通しての印象 B
  • 来年も参加したいですか? B
会場
  • 会場へ(から)のシャトルバス A
  • 会場案内看板や場内アナウンス C
  • 会場のレイアウトと移動経路 B
  • 荷物預かり所 A
  • トイレの配置と管理 B
スタート、コース、フィニッシュ
  • スタートエリアの管理 B
  • コースは混雑しなかったか? A
  • 距離看板 A
  • 景色など楽しめるコースか? B
  • 沿道での応援 A
  • 給水所の水、スポーツドリンク A
  • ゴール後のドリンクフード A
記録、表彰
  • ネットタイム計測 A
  • ネットやスマホへの記録配信 C
  • 参加賞 A
  • 年代別表彰について B
インフォメーション
  • 大会パンフ(募集要項付き) A
  • 当日案内(ハガキ、封書) A
  • 大会ホームページ B

75.6

私はランネットでエントリーしています。 たにやん さん 2017年10月1日 18時34分

このレポートは参考になった

0

たにやん さんのその他のレポート

大会ランキング(種目・フルマラソン)

順位 評価平均点 大会名
1 93.7点 熊本城マラソン2024 (熊本県) 参加者7千人以上
2 93.1点 フラの街 いわきを翔ける 風になれ!第15回いわきサンシャインマラソン (福島県) 参加者7千人以上
3 92.6点 第62回延岡西日本マラソン (宮崎県)
4 91.5点 第61回愛媛マラソン (愛媛県) 参加者7千人以上
5 91.3点 鹿児島マラソン2024 (鹿児島県) 参加者7千人以上