レポーター情報

Jun

全投稿件数 51
全参考になった数 109
「参考になった」指数
ニックネーム Jun
性別 <非公開>
年代 <非公開>
昨年の大会出場数 <非公開>
自己ベスト <非公開>
ランニング趣向性 <非公開>
自己PR <非公開>

※「参考になった」指数は、直近3年間の各レポーターの平均「参考になった」数(「参考になった」獲得総数/投稿件数)を全体の中で指数化し、5つ星で表したものです。

大会レポート

2017年6月11日

第6回飛騨高山ウルトラマラソン(岐阜県)

敢えて何かを指摘するとすれば

出場種目: ウルトラマラソン 

6回目と比較的歴史が浅い大会ですが、運営の素晴らしさ、地元への浸透度など、皆さん書いているように大満足の大会です。私自身は昨年に続き2回目の参加でしたが、坂を上がったところにある、マリオがいる接骨院の私設エイド、プログラムで調べて、名前を呼んで応援してくれるオジさんなど、「あー、またここに帰って来たなー」と嬉しくなりました。

敢えて何かを指摘するとすれば、前日の受付です。昨年は16時の説明会終了後、シャトルバスが長蛇の列だったので、今年は14時からの説明会に参加すべく、13時過ぎに会場へ着きましたが、男性100Kの4:45スタートの列が大混雑でした。単純に人数が多いこともありますが、2列で並び始めた列が、最後は1列で受付していたため、列が進まないのもやむ無しでした。人数が多い区分は、ブースの数を増やすなどすれば、来年以降の混雑は解消されるのでは?

ちなみに、スポンサーさんには失礼な話ですが、コース説明会後のスポンサーさんのコーナーはすっ飛ばしてシャトルバスへ向かったところ、今年はバス待ちの列に並ぶことなく高山の駅へ戻れました。

このレポートは参考になった

3

不適切なレポートとして報告する

■総合評価

全体の感想
  • スタッフやボランティア A
  • 大会の地元への浸透度 A
  • 大会運営全体を通しての印象 A
  • 来年も参加したいですか? A
会場
  • 会場へ(から)のシャトルバス A
  • 会場案内看板や場内アナウンス A
  • 会場のレイアウトと移動経路 A
  • 荷物預かり所 A
  • トイレの配置と管理 B
スタート、コース、フィニッシュ
  • スタートエリアの管理 A
  • コースは混雑しなかったか? A
  • 距離看板 A
  • 景色など楽しめるコースか? A
  • 沿道での応援 A
  • 給水所の水、スポーツドリンク A
  • ゴール後のドリンクフード B
記録、表彰
  • ネットタイム計測 C
  • ネットやスマホへの記録配信 A
  • 参加賞 B
  • 年代別表彰について B
インフォメーション
  • 大会パンフ(募集要項付き) A
  • 当日案内(ハガキ、封書) A
  • 大会ホームページ A

90.1

次回大会参加者へのアドバイス

中間地点に荷物を送れますが、シャツを着替える場合はゼッケンの付け替えなどがタイムロスになるので、今年は利用しませんでした。エイドが充実しているので補給食はほぼ不要で、後半固形物を胃が受付けない場合に備え、ジェル数個あれば充分だと思います。スタート時の高山は、気温が低い(今年は8度)ので、会場への移動時など防寒着を1枚用意しておくと良いです。

私はランネットでエントリーしています。 Jun さん 2017年6月12日 17時41分

このレポートは参考になった

3

Jun さんのその他のレポート

大会ランキング(種目・フルマラソン)

順位 評価平均点 大会名
1 93.7点 熊本城マラソン2024 (熊本県) 参加者7千人以上
2 93.1点 フラの街 いわきを翔ける 風になれ!第15回いわきサンシャインマラソン (福島県) 参加者7千人以上
3 92.6点 第62回延岡西日本マラソン (宮崎県)
4 91.5点 第61回愛媛マラソン (愛媛県) 参加者7千人以上
5 91.3点 鹿児島マラソン2024 (鹿児島県) 参加者7千人以上