レポーター情報

ともじ

全投稿件数 38
全参考になった数 61
「参考になった」指数
ニックネーム ともじ
性別
年代 <非公開>
昨年の大会出場数
自己ベスト
ランニング趣向性
自己PR

※「参考になった」指数は、直近3年間の各レポーターの平均「参考になった」数(「参考になった」獲得総数/投稿件数)を全体の中で指数化し、5つ星で表したものです。

大会レポート

2016年10月10日

舞鶴赤れんがハーフマラソン2016(京都府)

雁又トンネルを制した勢いで残りのコースを走りきる!

出場種目: ハーフマラソン 

今回で3回目の出場となり、コースも熟知しているつもりですが、雁又トンネルまでの上り坂、トンネル後の下り坂、その後の折り返しを経て下ってきたコースを今度は登りと下りでは多くのランナーが{ふるい}にかけられます。フラットな残り10キロはリズミカルな脚運びでそのまま走りきる、これが舞鶴赤れんがハーフマラソン攻略の肝ですね。
荷物置き場からスタートブロックに整列する誘導路が明確でないために先頭ブロックに遅いランナーが紛れ込む原因をつくっています。この点は主催者側もよく認識の上、対応を求めたいところです。特にスタート直後のコースは狭く絞りこまれていたため、思うように前に進めなかったランナーも多かったと思います。
また、ゴールエリアももう少し整備をしないとゴール後混雑度合いが酷く感じました。このことも今後の課題として主催者側には検討求めたいところです。
沿道には舞鶴市民や自衛官職員の方々が、拍手で迎え入れていただけたことに感謝!また、次回も参加したい大会となりました。

このレポートは参考になった

1

不適切なレポートとして報告する

■総合評価

全体の感想
  • 大会の熱気、活気 A
  • 地元への浸透 A
  • ストレスを感じさせない運営 A
  • 次回大会の参加 A
会場
  • わかりやすい会場案内 B
  • スムーズな移動経路 A
  • 荷物預かり B
  • トイレ B
  • スタート前の給水 C
スタート、コース、フィニッシュ
  • スタートエリア管理・誘導 C
  • 参加人数に見合ったコース幅 C
  • 見やすく正確な距離表示 B
  • コースの安全管理 B
  • 楽しめるコース設定 A
  • 熱心な応援 A
  • コース上の給水 A
記録、表彰
  • 記録計測 C
  • 記録証・完走証 A
  • 工夫を感じる参加賞 A
  • 充実した年代別表彰 C
インフォメーション
  • わかりやすい大会情報 A
  • 正しく詳しいコース情報 B
  • トラブル時対応の明記 B
  • 大会ホームページの更新 A

69.5

次回大会参加者へのアドバイス

大会参加が決まった方は、是非とも坂道トレーニングを経験しておくと大会の面白みが増えると思います。辛いトレーニングになりますが、レースでは自信につながるはずです。
年度よって天候や気温は変わると思いますが、10月初旬に開催される大会ですから、ランニングウェアと短パンのコーデでも十分走ることができると思います。

私はランネットでエントリーしています。 ともじ さん 2016年10月15日 21時50分

このレポートは参考になった

1

ともじ さんのその他のレポート

大会ランキング(種目・フルマラソン)

順位 評価平均点 大会名
1 93.9点 第41回カーター記念黒部名水マラソン (富山県) 参加者7千人以上
2 93.6点 熊本城マラソン2024 (熊本県) 参加者7千人以上
3 93.0点 フラの街 いわきを翔ける 風になれ!第15回いわきサンシャインマラソン (福島県) 参加者7千人以上
4 92.9点 第62回延岡西日本マラソン (宮崎県)
5 91.5点 第61回愛媛マラソン (愛媛県) 参加者7千人以上